『やり直し』に見る、歯科医師の本当の良心

以下の写真は、右下奥歯にクラウン(かぶせもの)を制作するための、印象採得(いんしょうさいとく:歯型とり) を提示しています。

不可 (NG) にしたもの

この症例では、NGが3回も出てしまいました。

4回目にして合格 (OK) にしたもの

歯科医療関係者であれば上下の写真の違いを理解できるのは、当然のことです。

したがって、患者が歯科医療関係者であれば 上のような写真の印象(歯型)でクラウンを作られては たまったものではない という事と、必ずしも一発で印象採得がOKになるとは限らない という事を理解しているので、やり直しのお願いを受けた時は“ 快く ” とまではいかないまでも、その申し出に応じて下さるでしょう。

しかし、患者が歯科医療関係者でないのであれば、そこまでの理解をされている方は、多くはないのが現状です。

やり直しの理由と その必要性を説明すると、時には『 一発でOKの結果を出せない歯医者は下手クソ 』と解釈してしまう方もいらっしゃいます。

この悪評判が、周囲に口コミで広がってしまうのを怖がるがあまり 印象採得がプロ視点ではNGであっても『 どうせ患者にはわからないし、ま いいか・・ 』 ということで、OKにしてしまう歯科医もいます。

このことは、医院の接遇とは全く関係がありません。

『 あの歯科医院の接遇は完璧だから、技術も一流に違いない 』 という考えは必ずしも正解にはならないのです。

物事の本質を見分けられるあなたは、歯科医師からやり直しのお願いを受けた時、どのように解釈されますか?