ブリッジのところが一過性に痛い ⇒ ブリッジの片側脱離かもしれません

当院にて定期検診を受けている患者さんです。

『 今までなんともなかったのに、最近になって左下奥歯にあるブリッジが、食事中に一過性の痛みを感じるようになった 』との報告を受けました。
インプラント治療 歯科 群馬

左下奥歯、横から見た写真です。
インプラント治療 歯科 群馬
審査してみると、3本分が連結一体となったブリッジのうち、欠損のうしろ(写真右)のかぶせ物だけが脱離して(はずれて)いました。

本症例のブリッジは、中間1本欠損に対し前後1本ずつの歯を仲間にして、3連結の歯として構成されています。

欠損後ろのかぶせ物だけが脱離し、欠損前のかぶせ物が脱離していないので、ブリッジ全体は(丸ごと)脱落を起こしません。
 
 
では、なぜ一過性の痛みが起きたのでしょうか?エックス線写真で解説します。
インプラント治療 歯科 群馬 
かぶせ物が脱離した歯は、生活歯(せいかつし)と呼ばれる 歯の内部にある歯髄(しずい:神経組織)がある歯です。

生活歯は知覚があります。

かぶせ物が脱離した状態で噛むと 生活歯を こするようになります。

その結果、食事中噛むたびに一過性の痛みを生じるようになるのです。

症状が一過性でガマンできる範囲であると、時にこのような状態を自覚しながらも放置してしまう方がいます。

この状態を放置すると、脱離した側の歯が急速に虫歯が進行してしまうことがあります。

このような症状をお持ちの方は、決して放置せずに ぜひご相談下さい。