万代歯科診療所 群馬県前橋市の歯科医院

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1丁目23−2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療
  • 当院の院内感染予防対策

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「技術力の高い歯科医師は“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか?」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「技術力の高い歯科医師は“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか?」

群馬 前橋 高崎 伊勢崎 太田 歯科 抜かない削らない インプラント 抜かずに残す

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

群馬 前橋 高崎 伊勢崎 太田 歯科 抜かない削らない インプラント 抜かずに残す
             

皆様の多くの方が、ご自身の歯を1本でも多く抜かずに済むようにしたいと希望していると思います。

その希望を叶えるために歯科医院を探す際『 当院は抜かない・削らない歯科医療を提供しています 』という情報配信をしている歯科医院を見かけることがあるかもしれません。

しかし、その言葉を本当に信じてもいいのでしょうか?

この質問に対するアドバイスを動画内で解説しています。

ぜひ、動画をご覧になって 参考になさってください。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『技術力の高い歯科医師は“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか?』(6m09s)のビデオコラムです。

以下、『 技術力の高い歯科医師は“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか? 』の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さんこんにちは。万代歯科診療所のビデオコラムにようこそおいでくださいました。

本日は『 技術力の高い歯科医師は“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか? 』 というテーマで お伝えしようと思います。

皆さまの多くの方がご自身の歯を1本でも多く抜かずに済むようにしたいと希望していると思います。

歯科医院のホームページでも『 当院は抜かない・削らない歯科医療を提供しています 』という表現が見かけられます。

『 当院は抜かない・削らない歯科医療を提供しています 』という歯科医院側からの情報配信は、患者側である皆さまにとって理解がしやすく かつ非常に魅力的に解釈されやすいといえるでしょう。

このことから皆様が、 ご自身の歯を1本でも多く抜かずに済むことを実現するために『当院は抜かない・削らない歯科医療を提供しています』という情報発信をしている歯科医院を選んでいる方もいるようです。

このような選択をされる方にとっては、とても以外に思われるかもしれませんが 実は、本当に技術力の高い歯科医師はこの『 抜かない・削らない 』という表現を使わない。

もう少し強い表現をすれば本当に技術力の高い歯科医師の多くは『 抜かない・削らない 』という表現を嫌う傾向にあるように思えます。

こうなりますと『 では、その代わりにどんな表現をするのだ? 』という疑問が出てくると思います。

従いまして、今回は『 技術力の高い歯科医師は、“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか?』

ということについて解説していきたいと思います。

まずは『 技術力の高い歯科医師は、なぜ“抜かない 削らない”と言わないのか? 』という事について解説していきます。

今回の事を解説するために『 消防 』を例えにしてみます。

もし、皆さまの地域を管轄する消防署が『 水をかければかけるほど建物はダメになる! 』とか『 当消防署は水をかけません! 』という情報発信をした場合、皆様は どのように感じますでしょうか?

おそらく多くの方が『 本当に放水が必要な場合は どうするつもりなのだ? 』と不安を感じてしまうと思います。

消防士の方々は『 水をかけずに済むには・・・ 』と思いながらも 地域住民の生命と財産を守るために『 大量の放水・水浸し 』というマイナス行為を行うこともありうるという事はご理解いただけると思います。

歯科医療も同じでありましてレベルの高い歯科医療を行っている歯科医師は『 抜かずに済むには・・削らずに済むには・・・ 』と思いながらも、患者の最終的・総合的な利益を得るためには『 歯を抜く・削る 』というマイナス行為を行うこともあるのです。

このような背景によって技術力の高い歯科医師にとっては『 抜かない 削らない 』という情報配信をすることは『 ウソつき行為 』、『 放置 』、『 実は、然るべき処置介入を行う技術力がない 』という解釈になります。

したがって、本当に技術力の高い歯科医師は倫理的心情を背景に、そのような情報配信を まず行わない事が大半です。

前置きが長くなりましたが

『 では、技術力の高い歯科医師は “抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか? 』

という事を解説していきます。

本当に技術力の高い歯科医師は『 抜かない・削らない 』とは言わずに『 歯を抜かずに残す 』という情報配信をしているはずです。

ここで大事なのは『 抜かずに 』ではなく『 残す 』というキーワードが重要です。

本当に技術力の高い歯科医師は、重症の歯周病や重症の根管治療の問題で他の歯科医院で抜歯宣告を受けた歯を『 抜かずに残す 』という実績を持っています。

他の歯科医院で抜歯宣告を受けた歯を『 抜かずに残す 』という実績を持っていない歯科医師すなわち、あまり技術研鑽にこだわっていない歯科医師は、この『 残す 』という表現に抵抗を感じてしまい、その代わりに『 抜かない・削らない 』と表現することが多くなってしまうのです。

皆様が技術力の高い歯科医師の施術を受けたいと希望する場合は、その歯科医師がホームページ等での情報配信の中で ぜひ『 歯を残す 』という表現があるか?という事を参考にしてください。

本日は『 技術力の高い歯科医師は“抜かない 削らない”と言わずに どのように表現するか? 』というテーマでお伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事