群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「虫歯予防のためには一切の糖分摂取をやめなければならないのか?」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「虫歯予防のためには一切の糖分摂取をやめなければならないのか?」

虫歯 予防 糖 群馬 前橋
万代歯科診療所 のビデオコラムです。
虫歯 予防 糖 群馬 前橋 今回のテーマは、『 虫歯予防のためには一切の糖分摂取をやめなければならないのか? 』です。 “ 糖分を摂取すると 虫歯になる ” このことは、皆さんご理解されているかと思います。 しかし、全く摂取しないことは、とても難しいことですよね。 虫歯の予防はしっかりしたいけど、糖分摂取はどう工夫したらいいのか。 このような疑問をお持ちの方、ぜひ、動画にてご確認ください! ★当院のホームページでは、ビデオコラムの テーマ募集をしています。 歯科に関して 疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。 テーマ募集に関して、詳しくはこちら
虫歯 予防 糖 群馬 前橋
『 虫歯予防のためには一切の糖分摂取をやめなければならないのか? 』(5m38s)のビデオコラムです。
※ 以下、 虫歯 予防 糖 群馬 「 虫歯予防のためには一切の糖分摂取をやめなければならないのか? 」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。
____________________ 皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所の ビデオコラムに、ようこそ おいでくださいました。 本日は「 虫歯予防のためには 一切の 糖分摂取を やめなければいけないのか? 」というテーマで お伝えしていきます。 今まで、数多くの 虫歯治療を 経験された方にとっては、虫歯予防 のためには、一切の 糖分摂取を やめなければいけないのか というふうに思って おられる方も いらっしゃるかと思います。 もともと 甘い物好き というような方も いらっしゃると思いますので、こういうような方にとっては、特に つらいようなことになる のかと思います。 このあと 話していくことは、歯科に 限った話ではなく、糖質制限 という概念が、医科、いわゆる、全身にも 関わっている ということは、皆さんも 何らかのかたちで、情報を 得ておられるかと思いますから、ちょっと 今回は、それをあえて 横に置いて、歯科に限った話で 解説を していきたいと思います。 虫歯が 成立するためには、まずは、糖分。糖質ですね。 炭水化物の存在 が必要になります。 二番目として 虫歯菌です。 口腔内常在菌 といいまして、私も含めて、お口の中には 何百種類もの、私に 限った話じゃありません、皆様も そうですが、何百種類もの菌 がいて、その内の数種類が 虫歯を 引き起こす菌 と言われています。 そして、三番目は、歯 そのものの存在。 この三者が 一定時間以上 同在している、一緒に いることによって、虫歯が 成立してきます。 もう少し、これを詳しく 言っていきましょう。 虫歯菌が 糖質を取って 酸 を出していきます。 そうすると、お口の中が 酸性に なっていって、歯が 酸に さらされる環境になる。 だんだんと 溶けていって、虫歯になってしまう というようなことに なるわけです。 これは、別に、甘い物に 限ったわけではなく、糖質ですから、ごはん、パン、そういうものでも なってくるわけです。 塩パンは しょっぱいから いいんじゃねえか? というのは、そういうのはないんです。 あれでもなっちゃいます。 つまり、ポイント としますと、糖分・糖質、菌、歯、この三者が、極力 同在させない環境、これを作ること。 そして、通常の 食事以外では、口腔内を 酸を 出させるような機会を、極力減らす ということが 大事になります。 ちょっとここは、ステファンカーブ というキーワード、検索していただけると、結構 出てくるかと思いますので、どうぞ、検索してみてください。 したがって、まあ もちろん、糖分を断つ。 一切の、いわゆる 断糖 と言いますが、この状態にすれば 確実にはなりますけれども、やっぱり、ちょっと 相当ストイックになってくるわけです。 例えば、じゃあ、どうすればいいか というと、甘い物は、食後のデザートだけ のときにして、ご飯食べて 何時間たった、いわゆる 間食 として取るようにするのを、極力やめる。 同じ物を取るにも、ケーキでも 何でもいいんですが、食後のデザート として、食事の時間の 延長上として取る というふうにするとか、あとは、もし 間食、食事の時間が終わりました、しばらくして 甘い物取ります といったときには、その都度 歯磨きを、やっぱり 追加してやっていただく。 できれば、食前、直後 のほうがいいと思います。 こういうようなことをしているのは、あなたが、糖分摂取を、自ら コントロール下に置いている というふうになっているわけです。 どうか、こういう、支配している状態に 持っていっていただきたいんです。 食べたいときに つまんでしまう、衝動に駆られて 手が伸びてしまう というのは、あなたが 糖分にコントロール、支配されている ということになります。 そういうご自身を、ちょっと 見つめ直して、糖分を コントロールしている自分 のほうがいいのか、糖分に コントロールされている自分 のほうがいいのか、そのどちらかを ちゃんと選んでいく という概念が 大事になってくるのかな というふうに考えております。 今回は「 虫歯予防のためには 一切の 糖分摂取を やめなければいけないのか? 」というテーマで お伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。
このコラムに関する、万代歯科Facebookページ このコラムに関する、万代歯科マイベストプロページ 万代歯科診療所 ビデオコラム 「爪楊枝で歯の間を掃除するのは、予防効果があるのか?」

関連記事