自家歯牙移植術について その3

前回お伝えした自家歯牙移植術( 歯の移植 )の予後が悪くなる原因の1つめ

『移植術を行う術者の技術上の問題』につづき

私が考える、自家歯牙移植術の予後が悪くなる原因のもう1つは、『適応条件の誤り』、簡単にいえば『できもしない条件下で施術してしまうこと』です。

自家歯牙移植術が行えるためには

・移植歯(ドナー)が存在すること。

・移植歯の歯根の形態がなるべく単純であること。

・移植歯を含めた口腔内全ての歯が歯周病に罹患していない、または軽度であること。

・移植歯の歯根管内の感染が無い、または軽度であること。

・移植受容側(レシピエント)の歯槽骨が、移植歯根の太さ、長さを受け入れるのに、十分な幅、高さを有すること。

・患者さん自身が協力的であること。

・患者さんが比較的若い方(40歳くらいまで)であること。

以上のような条件が、すべてそろうことが必要になります。

『私にかかれば、どんな厳しい条件下でも移植できる』なんてことは全くなく、単に症例を十分吟味して施術しているに過ぎません。

ムリはしない。

自家歯牙移植術ができないのであれば、インプラント治療など、他の治療法を選択すればいいのです。

HPでの症例を、再度提示します。
群馬 前橋 歯の移植 インプラント

群馬 歯の移植 万代歯科

ここは、左下の奥歯です。

左下の前から7番目の奥歯の欠損に、右上の親知らずを移植しました。

通常は、欠損部直近の親知らずを抜歯して移植するのが基本原則です。

しかし、レントゲン写真右端に写っているように、今回は左下の親知らずを使いませんでした。

左下の親知らずは歯根の形が複雑で太いため、この欠損部には入りません。

しかも抜歯しようとすれば、抜去した歯根はかなりの損傷を受けてしまうので、ドナー歯として使い物にならなくなってしまいます。

そのため、歯根の形が単純な右上の親知らずを選択しました。

これをムリして左下の親知らずをドナー歯にしてしまったりすると、『できもしない条件下で施術してしまうこと』になってしまうのです。

『適応条件を厳守すること』は、自家歯牙移植術を成功させるための大きな要件です。

歯の移植 関する他の記事
自家歯牙移植術について その1
自家歯牙移植術について その2

歯チャンネル 88 歯牙医植