★総合歯科 万代歯科診療所の日常臨床  前歯への歯牙移植3年後★

※ 抜歯等の外科手術の写真があります。ご注意下さい

今回は、自家歯牙移植術を行い3年経過した症例を報告します。

万策尽きて抜歯となってしまった場合、その後の処置としてインプラント治療・ブリッジ・義歯(入れ歯)があります。

万代歯科診療所には、この他の選択肢として『 自家歯牙移植術 』という技術があります。

他の選択肢よりも厳しい条件がありますが、条件をクリアできればとても有力な技術です。

★ 症例提示 ★

初診時

患者: 33歳女性。

主訴: 右上の前歯の歯肉が腫れた。

現病歴:
右上の1番目の前歯(以下 右上1)は、過去に根管治療と歯根尖切除術を受けた。しかし再度違和感が生じ、数術前より歯肉の腫脹を自覚する。
群馬 歯科 移植 インプラント

現症:
右上1腫脹部拡大像。
右上1番目の歯、歯肉に腫脹と排膿を認める。
群馬 歯科 移植 インプラント

デンタルエックス線写真:
歯根尖切除術によって患歯の歯根は短くなっている。本来は切除した歯根先端部(以下 根尖部)は骨に置き換わるはずが、感染再発のため骨密度が上がらず、画像上では黒いままになっている。
群馬 歯科 移植 インプラント

根管治療 開始:

根管治療を開始したものの、内部の感染が激しく、残念ながら保存不可能と診断しました。
群馬 歯科 移植 インプラント

患者に抜歯の必要性とセカンドオピニオンの提案を行ないました。

患者はセカンドオピニオンを受けずに抜歯を了解し、次善策の提案を希望しました。

抜歯後は、何らかの方法で新たに人工の歯を入れることが必要になります。

本症例では、通常はインプラント治療かブリッジを選択することになります。

この患者さんは、今回の前歯の他に若干の歯並びの問題もありました。

インプラント治療やブリッジを装着してしまうと、後になって『 矯正をしたい! 』となったときに、その処置が大変厄介になってしまいます。
 
 

左下の小臼歯に、歯並びの問題があるために歯並びから逸脱し、上の歯とかみ合っていない歯がありました。
群馬 歯科 移植 インプラント
このように、相手の歯とかみ合っていない歯のことを不働歯(ふどうし)と言います。

不働歯は通常は抜歯の対象になります。

矯正担当医に確認したところ、将来矯正治療を行う場合でもこの歯は不要であるとの回答でした。

左下小臼歯と上の前歯は、歯根の形が近似しています。

この不働歯を抜歯して、移植のドナーとして右上1に移植する提案を行い、患者もこれに同意しました。
 
 

右上1の抜歯を行いました。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

抜歯した右上1です。広範囲に感染が及んでいました。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

左下小臼歯部の不働歯を丁寧に抜歯します。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

抜歯した左下小臼歯を右上1部に移植し、固定します。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

移植直後のデンタルエックス線写真です。適正な位置に移植されています。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

移植した歯の根管治療を行います。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

根管充填直後のデンタルエックス線写真です。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

最終冠装着、治療終了時です。右上1 歯肉の腫脹は消えています。
患者自身も違和感なく日常生活が送れるようになりました。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

抜歯した左下小臼歯部もスッキリしています。歯磨き等の管理もしやすくなり、虫歯や歯周病になりにくい環境になっています。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

最終冠装着直後のデンタルエックス線写真です。根尖部が少し吸収されいます。吸収が進行してしまうこともあるので、注意深く観察する必要があります。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

最終冠装着後3年経過時のデンタルエックス線写真です。根尖部は それ以上吸収されることはありませんでした。
群馬 歯科 移植 インプラント
 
 

最終的にはインプラント治療もブリッジも行わず、自身の歯で問題解決ができました。