抜歯宣告からの救出 萎縮診療の問題 その2 治療着手


前回 抜歯を宣告された高校生の下顎前歯の症例です。

治療の実際を提示します。


根管治療を行う際、すでにクラウン(かぶせもの)が入っている場合、その大半の症例でクラウンの撤去が必要になります。(撤去クラウンの再利用不可)


はずしたままではカッコがつかないので、根管治療を前提とした暫間築造体(ざんかんちくぞうたい:仮の土台)を作成し


暫間仮封冠(ざんかんかふうかん:仮歯)を装着していきます。

よかった。この時点で歯根破折は認められませんでした。



根管内(こんかんない:歯根の内部)に唾液が侵入しないように、ラバーダム防湿法を装着します。

002649120829001a.jpg 002649120829002_convert_20120831140959.jpg
初診時

根管内部の汚染部を徹底的に清掃後、吸収により大きく広がってしまった根尖部の閉鎖目的のため、Ca(OH)2製剤を充填し、4か月ほど経過観察を行います。

根尖病変への対応は、根管内の徹底的な清掃を行うことで解決します。

根尖病変へ直接介入しても意味がありません。

 

※若手歯科医師向け※

・歯根強度の観点では、根管の拡大を太くしないほうがよいことは当然ではあるが、今回の根管の太さは便宜的なものではなく、根管内の汚染部を除去した結果にすぎない。MIは、汚染部の除去後の話である。

・Ca(OH)2製剤(Vitapex)の充填は汚染部の清掃が終了した根管におけるセメント質様硬組織による根尖閉鎖(Apexification)を主目的としている。殺菌効果はあくまでも補助的である。

根管内の汚染部の徹底的除去なくして、根尖病変の消失を主目的とする Ca(OH)2製剤を意図的に根尖から大量に溢出させる手段は全くの無意味である。