抜歯宣告からの救出 萎縮診療の問題 その1 症例提示

症例提示

患者:17歳 高校生
主訴:下の前歯が痛い

下顎歯列 咬合面観

下顎左右1と右下2は、小学生の時にぶつけて破折してしまい、近くの歯科医院にて、根管治療と歯冠修復(かぶせもの)の処置を受けました。

最近になって同部に違和感が生じたために、2件の歯科医院を受診しましたが

1件目: 歯周病 (根尖性歯周炎?)
2件目: 亜脱臼     (?)の診断で(聞き間違えたのかな・・)

2件とも治療不可能、抜歯の宣告を受けました。

ご両親が大変心配され、HPより当院を探し当て来院されました。

聞けば自分の後輩、大学受験を控えているとのこと。

なんとかせねば・・

下顎前歯部舌側面観

同部デンタルエックス線写真

すべての根尖部(こんせんぶ:歯根の先端部)には、細菌感染を示す根尖病変(こんせんびょうへん:歯根内部の細菌感染による炎症反応)を認めました。

デンタルエックス線写真では、根尖部を取り囲む黒い影で表現されます。

この症例は、根管治療の基本を理解していれば 特に難しい症例でもなく、症状の消失と根尖病変を縮小させるだけであれば
マイクロスコープを使わなくても対応できる症例です。

ただ一つ心配なのは、歯根破折(しこんはせつ:歯根が割れてしまうこと)、特に縦に破折していないかどうかです。

次回へとつづく