抜歯宣告からの救出 萎縮診療の問題 その3 根尖病変の縮小 

前回では

1: 根管内の徹底的清掃と
2: 大きく穴のあいた根尖部の閉鎖を目的としたCa(OH)2製剤の注入を行い、4ヶ月の経過観察(様子を見る)としました。

今回は、その結果がどうなったのかを評価します。

初診時
Ca(OH)2 製剤注入直後
注入後4か月

エックス線写真上における、根尖病変の出現と縮小は、“歯槽骨の炎症”の出現と縮小を表す、『嘘偽りのない生体の反応』であり、この変化は『全くごまかしがきかない』ことです。

※根尖病変(こんせんびょうへん:根管内の感染を原因とする歯根を取り巻く歯槽骨の黒変化像)

歯科用マイクロスコープにて、内部を確認すると、白色の固い組織(セメント質様組織)にて閉鎖されていました。

ここまで確認できると、だいぶ安心できます。
この後、最終充填を行いました。

※ 若手歯科医師向け ※

・左下1根尖付近に存在する空隙は、セメント質様組織が形成される過程で生じたものである。

根尖部吸収のために大きく開いてしまった根尖孔を Apexification で閉鎖しようとすると、このような現象が生じることがある。

この空隙は上下で閉鎖されているので、根管充填剤は到達しない。

・根尖病変が完全に消失するには、さらに数か月~数年を要すため、明らかな縮小が確認できれば最終充填を行ってもかまわない。