『最新』の治療法は『最良』の治療法か?

私を含め、日本人というのは「最新の○○」という言葉に弱い気がします。

確かに分野や物によっては、ほとんどのケースで「最新=最良」 が成り立つものもあるかも知れません。

しかし、私が携わる歯科医療というのは、当然「医療行為」ですから そもそも「これが常に最良である」と断言できる治療法は存在しません。

治療法を決める上では様々な要素が考慮されます。

その要素一つ一つは、患者さんごとに全く異なるので同じようなケースでもインプラントを選択する場合もあればブリッジを選択する場合もあります。

考えられる治療法と、そのメリット・デメリットを患者さんごとにご提示したうえで費用、期間、意思等を考慮し、最終的な治療計画を決定していくのです。

最近、TVやインターネットにおいて

「削らない 痛くない虫歯の最新治療法」

「一日で治る 最新の歯周病治療法」

などの情報が発信されているのを目にします。

こういった「最新」の治療法が、場合によっては「最良」と言えるケースもあるのかもしれません。

しかし、その情報を見ている「あなた」という人にとって「最良」であるとは限らないのです。

歯科医院を選ぶ際に「最新治療を導入」などといった謳い文句に過度な期待は禁物です。

医療に携わる者として、日々新しい治療法や情報に注目するという姿勢は大切です。

しかし、あたかも「どんな方の治療にでも活かせる」というような伝え方をしているとしたらそれは事実ではありませんし、患者さんとしては慎重に捉える必要があると思われます。

万代歯科診療所では、各治療法のメリット・デメリットをきちんとお伝えし、十分な相談を経て「あなたにとって最良と思われる治療法」を提供していきたいと考えています。

*ちなみに、万代歯科診療所では巷で話題にあがった

「ドックベストセメント」
「カリソルブ」
「ヒューマンブリッジ」
「3Mix – MP法」
「ヒールオゾン」
「歯周内科治療」
「パーフェクトペリオ」

などは、現在取り扱っておりません。

これらの治療法は、世に出てから日が浅く効果・予後を保証する明確なデータに乏しいと判断しているためです。