妊婦になる前に、結婚が決まる前に、歯の問題の解決をしておきましょう1

妊娠されている患者さんが『、痛い』 『詰め物がとれた』といった問題をかかえて歯科医院を受診されることがあります。

特に妊娠初期は注意が必要なので、母子手帳をはじめ あらゆるマタニティ関連雑誌にも『安定期に入ってから歯科治療を受けましょう』といった情報が常識化しています。

はたして本当でしょうか・・・

私の日々の臨床としての実感としてはこのタイミングでは『遅すぎる』のです。

これを突き詰めていくと『歯が生える前の幼少期から、またはそれ以前から予防管理をしましょう』ということになるのですが 話が広がりすぎるので、現実路線を重視して敢えてこれは除外します。

もとに戻しますが、私なら遅くとも『婚活開始前』『おそらくこの人と結婚するだろうな・・』と思った時点で、自覚症状が無くても早く歯科検診を受け、口腔内の問題を解決しておくことをお勧めします。

男性の方は”就職前”には、片付けておくことが賢明です。

次回へつづく・・