★ 万代歯科診療所の集中診療3 集中診療の例外 ★

※ 外科手術の写真があります。ご注意下さい

前回提示したブリッジの片側脱離を起こしてしまった患者さんの診療3日目です。

まずは施術内容を解説致します。

今回も『 集中診療 』のほうがメインテーマなので、治療の解説は簡単に進めます。

群馬 歯周病 歯ぐき

群馬 歯科 根管治療 根幹
前回装着した仮歯、この仮歯で何ら問題なく食事は可能。将来装着するブリッジと歯肉の形を調和させるために、歯肉と歯槽骨の形成術を行う。


今までご経験された歯科医療は、その多くに『 時間のムダ 』があることをお伝えしました。

ただし
・傷口等の治癒に要する期間
・セラミック冠などの歯科技工物作成に要する期間

この2点は、集中診療であっても待つ必要があります。

この患者さんの場合、治癒に要する期間を4カ月に設定しています。

もし他に治療を要する歯があれば、事前の治療計画のもとに この期間を利用して診療していくことによって、この期間は空白期間にならずに済みます。

この患者さんは、他に要治療歯がなかったので、治癒期間の間は通常の定期検診に戻りながら治癒を待ちます。