群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「使ってはいけない歯磨き粉について」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「使ってはいけない歯磨き粉について」

歯磨き粉 ステイン 粒 群馬 前橋
万代歯科診療所 のビデオコラムです。
歯磨き粉 ステイン 粒 群馬 前橋 今回のテーマは、『 使ってはいけない歯磨き粉について 』です。 今回は、二種類の歯磨き粉についてお伝えします。 歯磨き粉の説明をみると、良いことが書いてあるので 使ってみよう!と思いやすいですが、もちろん デメリットもあります。 今すぐに使用を 中止していただきたい 歯磨き粉もありますので、ぜひ動画をご覧になって、確認をしていただければと思います。 ★当院のホームページでは、ビデオコラムの テーマ募集をしています。 歯科に関して 疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。 テーマ募集に関して、詳しくはこちら
歯磨き粉 ステイン 粒 群馬 前橋
『 使ってはいけない歯磨き粉について 』(5m29s)のビデオコラムです。
※ 以下、 歯磨き粉 ステイン 粒 群馬 「使ってはいけない歯磨き粉について」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。
____________________ 皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所のビデオコラムに、ようこそ おいでくださいました。 本日は「使ってはいけない 歯磨き粉について」というテーマで お伝えしていこうと思います。 今回のテーマである「使ってはいけない 歯磨き粉について」ということですけれども、歯磨き粉自体を、私としては それ自体を否定するつもりはないです。 もちろん、それ自体を使ってはいけない という考えを持つ 歯科医の先生もおられますけれども、ちょっとここは そこではなくて、使うこと自体は構わないけど、そのあと その中でというような、だめなもの、これはまずいんじゃないかなというのを、お伝えしていこうかと思います。 歯磨き粉自体は、歯磨き粉に 薬効成分があると、もちろん あるんですけれども、これに過度の期待を 持たないことですね。 もう一つ、歯ブラシによる、こすり落とす というような効果を、やはり 歯磨きのメインにおいていただきたいと。 この二つが 守られてる分には、歯磨き粉自体は使っていただいても、私は構わないかと思っております。 それでも、なお、ちょっと これはまずいんじゃないかな というのが二つありますので、今回は これを解説していこうと思います。 一番目は、ステイン除去。 または、たばこのヤニ取り というような効果がある歯磨き粉です。 我々 歯科医療側も、患者さんの ご要望に応じて、ステイン除去、「茶渋を取ってくれ」とか、「たばこのヤニ取ってくれ」といような、ご要望に 応じることはありますけれども、これをきれいに ステイン除去していくことと、その一方、その過程で 歯を傷つけやすい ということになるわけですが、歯を極力傷つけないようにすること、これを両立させて ステイン除去をしていく というのは、実は、プロでも結構 難しいことなんですね。 これを 一般のご家庭で、歯ブラシに 歯磨き粉くっつけて、「しゃかしゃかやったら、きれいになりました。傷もつきません」というのは、より難しいんじゃないかと思われるわけです。 すなわち 一番目としても、効果が薄いか、もしくは落ちはいいけど 歯が傷だらけになってる。 細かい傷ですので、肉眼でわかる レベルではありませんけれども、ざらつきになってしまう というような構造にしてしまう。 そういう欠点が 考えられるわけです。 とくに、研磨剤が入っている というようなもの、ヤニ取りとか、こういうようなキーワードで 売られている物に関しては、特に歯を 傷つけやすい。 傷つけやすいということは、今後、ステインが よりつきやすい、ざらざらの構造になってしまう ということになってしまうので、できれば、歯科医院に、プロの手でもって、汚れを取ってもらう というほうが賢明なのかと思います。 二番目としましては、粒入りの歯磨き粉です。 歯磨き粉の中に、細かい粒子、粒を練り込んであって、その粒が 歯と歯の間に入り込んでいって、汚れを押し出すという効果がある というコンセプトで開発された物です。 販売当初は、大変 画期的なコンセプトだったんですけれども、これの問題点としましては、粒が入り込んでいって 汚れを押し出してくれる まではいいんですが、入り込んでいった粒が 出ていってくれないで、そこに残っちゃうんですね。 そうすると、残った粒に ばい菌が絡みついてきて、繁殖して、新たな問題を引き起こす というような症例報告が出てきています。 これになると、対応が 結構厄介になるので、お気をつけいただきたいと思います。 特に、インプラントを入れておられる方、二番目に、歯周病の治療の経験のある方、この二つの条件のいずれかを満たす方は、ちょっときつい表現ですが、即刻やめていただくほうが よろしいかと思います。 粒入り と入っている物ですね。 これは、インプラント入れている方と、歯周病になっている方、これに該当する方は、即時でやめていただくことを 強くおすすめ申し上げます。 担当の先生に、これはそうなのか ということを見てもらうと、いいかもしれませんね。 ぜひ、ご検討なさってください。 本日は「使ってはいけない 歯磨き粉について」というテーマで お伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。
このコラムに関する、万代歯科マイベストプロページ このコラムに関する、万代歯科Facebookページ 万代歯科診療所 ビデオコラム 「マウスウォッシュ剤は有効か?」

関連記事