群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「歯の移植について~自家歯牙移植術~」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「歯の移植について~自家歯牙移植術~」

歯 移植 群馬 前橋
万代歯科診療所 のビデオコラムです。
歯 移植 群馬 前橋 今回のテーマは、『 歯の移植について~自家歯牙移植術~ 』です。 抜歯後の処置内容として、インプラントやブリッジなど 様々な方法があります。 今回は、歯の移植について お伝え致します。 歯の移植は あまり知られていなかったり、経験されている方も 少ないかと思います。 あなたの お口の健康を取り戻すために、治療法の1つとして、参考に していただけたらと思います。 ★当院のホームページでは、ビデオコラムの テーマ募集をしています。 歯科に関して 疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。 テーマ募集に関して、詳しくはこちら
歯 移植 群馬 前橋
『 歯の移植について~自家歯牙移植術~ 』(8m31s)のビデオコラムです。
※ 以下、 歯 移植 群馬 「歯の移植について~自家歯牙移植術~」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。
____________________ 皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所のビデオコラムに、ようこそ おいでくださいました。 本日は「歯の移植 〜自家歯牙移植術について〜」というテーマで お伝えしていこうと思います。 残念ながら 歯を 抜かざるをえなくなった場合、このあと 何らかの方法で、歯を 新たに入れてゆく方法を 欠損補綴 と言います。 この欠損補綴の 主なものには、まず1番目には インプラント。 そして2番目には ブリッジ。 そして3番目には 義歯、入れ歯ですね。 主に この3つが、その手段というふうになっております。 今回は これに加えまして、歯の移植。 専門用語では「 自家歯牙移植術 」といいますけれども、今回は、この歯の移植について 解説をしていきたいと思います。 自家歯牙移植術の 流れでありますけれども、まずドナーですね。 植える歯ですけれども、不働歯 と言いまして、歯として 存在はしているものの、噛む相手がいないとか いろいろな理由で、事実上、歯としては機能していない 歯があるんですね。 それを 不働歯 というわけですけれども、この不働歯を抜歯して 欠損のところへ植え替える というようなことをして、傷口が治っていく、その治癒の過程で、歯が 骨や歯茎としっかりくっついて、最終的には 普通に食事するのも、何ら問題なく使うことができる というような流れになってくるわけであります。 自家歯牙移植のメリット としましては、まず、インプラントを対比した場合には、天然の構造体で その噛む力を 受けることができるというわけです。 インプラントは、あごの骨に ねじ込みというかたちで、直接がっちりとついてしまいます。 天然の歯は、骨と歯と そこに植わっている中間に、ごく薄い 歯根膜 というクッションのような構造が存在するんですが、天然の歯を植えるわけですから、この歯根膜も 同じように使っていくことができる というようなメリットがありまして、あとあとの長持ちとか、噛みしめた安心感は高い というふうになるわけであります。 ブリッジと比較しました場合には、原則として、ブリッジの場合は 両脇の歯を削ってかぶせ物をしなければ 成立しないわけでありますけれども、自家歯牙移植の場合は、これをせずに済むと。 その歯の、単独のことだけで こと足りるというのが 原則になってきます。 3番目、入れ歯から 比較した場合ですけれども、入れ歯の最大の問題としては、取り外しのような構造でありますので、異物感、違和感が出てくる ということがありますけれども、自家歯牙移植の場合には、今まである、ご自分の 天然の歯を使うわけで、あたかも、もともとそこに 歯があったような感覚で使うこともできると、わざわざ取り外しをする必要もない というメリットがあります。 これに対しまして、自家歯牙移植のデメリットとしてましては、多くの症例で 神経を取る処置、抜髄 というんですけれども、この処置をしなければならないことがありまして、神経を取った歯 「失活歯」というんですけれども、これは、どんなに完璧な 根管治療をやったとしても、どうしても長持ちの具合は、かくんと 落ちてしまうことがあります。 神経を取らざるをえない場合が 多いものですから、結局は、やっぱり長持ちに 若干不安を残さざるをえない というふうになってきます。 ただし、若年者、青年になるとか 未成年とか、そのあたりの方ぐらいまでであれば、神経を取らずに済む というようなことも期待できるわけであります。 2番目のデメリットとしましては、その歯自体は、やっぱり神経を取る処置だとか、かみ合わせの調整のためだとか、いろいろな意味で、やはり 削らざるをえないという部分は 出てくるかとは思います。 3番目としましては、歯周病の対応、外科の対応、根管治療、かぶせ物の補綴 といいますけれども、かみ合わせ、これらの歯科の要素が すべて網羅される治療法なものですから、この施術ができる 歯科医師が、とても少ない という現状があります。 「ちょっと近所」というので、やってくれていれば それは良いですけれども、なかなかそういうレベルでは 見つけられない というのが、この自家歯牙移植術の デメリットの 一つと考えられます。 また、自家歯牙移植術の条件としまして、いくつか 挙げていきたいと思います。 まずは、ドナーとなる歯がないことには、移植は できないですね。 ドナー歯が 存在することですね。 2番目としましては、ドナーの歯の 根っこのほう、歯茎に埋まっている 根っこが、なるべく円すい、にんじんのような 円すいの形の、いわゆる単純な形であることが 望ましいというふうに思われます。 3番目としましては、ドナーとなる歯 そのものが、歯周病に罹患していない。 もしくは、なっていたとしても 軽度で済むこと、これが条件として 挙げられます。 次に、ドナー歯の神経組織、専門用語では 歯髄 と言いますが、その歯の内部が 感染されていない、もしくは、これが軽度であることが望ましいと思います。 次に、レシピエントサイト と言います。 今度は植えてもらう側のほうですけれども、ドナーとなる歯 そのものには、根っこの直径と長さがありますので、これを受け入れるだけの 骨の幅、そして骨の深さというのが、ある程度のボリュームを有していることが 望ましいというふうになります。 そして口腔内全体が、歯周病になっていない、もしくは軽度であること。 そして、それに対する予防管理ができる。 これが 必要になってきますので、患者さん自身が、歯磨きも積極的にやってくれる とか、途中で 治療を中断しないとか、そういうような、患者さんが 協力的な態度で臨んでいただけること。 そして患者さん自身が、なるべく 若いほうがいいですね。 そして、その患者さん自体に 基礎的な疾患、例えば糖尿病とか、そういうような 全身的な問題がないこと。 これらのことが 成立しないと、なかなか 自家歯牙移植術もできないので、やっぱりちょっと 誰にも彼にも、それができるというものではないというところも あるかと思います。 もし、皆様の中で、自家歯牙移植術を検討したい という方がおられるようでしたら、その施術が ちゃんとできる歯科医師の先生に、ご相談をしていただけると よろしいかと思います。 本日は「 歯の移植~自家歯牙移植術について~ 」お伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。
このコラムに関する、万代歯科Facebookページ このコラムに関する、万代歯科マイベストプロページ 万代歯科診療所 ビデオコラム 「矯正治療を行うには歯を抜かなければならないのか?」

関連記事