群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「カンジダ菌は歯周病の原因菌か?」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「カンジダ菌は歯周病の原因菌か?」

歯周病 原因 菌 群馬 前橋

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

歯周病 原因 菌 群馬 前橋

前回のビデオコラム「歯周病は薬で治るのか?」に続き、歯周病に関してお伝えします。

歯周病に罹患するときは、もちろん原因菌が存在します。

その原因菌を排除しないと、歯周病は治っていきません。

原因菌が多種類いる中で、今回テーマで取り上げた “カンジダ菌” は果たして 原因菌なのでしょうか?

ここを間違えてしまうと、治療法も大きく変わってきてしまいます。

ぜひ、参考になさってください。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『カンジダ菌は歯周病の原因菌か?』(4m48s)のビデオコラムです。

書き起こし

皆さんこんにちは。 万代歯科診療所のビデオコラムに ようこそ おいでくださいました。

本日は『カンジダ菌は歯周病の原因菌か? 』というテーマで お伝えしようと思います。

皆様の中には 歯周病との診断を受け、その治療に取り組んでいる方もおられるかと思います。

この歯周病治療に取り組んでおられる方の中で、カンジダ と呼ばれる真菌が歯周病の原因菌であることを前提に、歯科医院側が販売する 抗真菌剤を含む薬剤や 歯磨き粉を使うようにと、歯科医院側から指示を受けている方がおられるようです。

今回は、この現状をふまえ『カンジダ菌は歯周病の原因菌か?』ということについて 解説していきたいと思います。

まず結論としましては 『カンジダ菌は、歯周病の原因菌ではない 』ということを お伝えしておきたいと思います。

カンジダは、色々な菌のうちの一つでありまして(カビの仲間と解釈してください)、ほぼ全ての方の どこにでも普通に存在しています。

しかし、通常の体力 または免疫力、すなわち、体の中の警察や自衛隊が 通常の力を持っていれば、このカンジダが異常に増殖して 病気を引き起こすということは考えられません。

例えば

・介護の対象の方など、全身的な衰弱などによって 免疫力が低下している状態

・糖尿病などの免疫が関わる 全身的な疾患がある場合

・長期間にわたる 抗菌薬や副腎皮質ステロイド薬の投与がある場合

などがありますと、カンジダ菌が 異常に増殖することがあります。

カンジダ菌が 病的レベルまで増殖した場合に 引き起こされる疾患は、歯周病ではなく『口腔カンジダ症 』という、全く別の疾患にかかる ということになります。

これらのことから、通常の体力・免疫力を有する方であれば、カンジタ菌を 問題視する必要はありません。

ですが、カンジダ菌が 歯周病の原因菌であることを前提に、歯科医院側が販売する 抗真菌剤を含む薬剤や歯磨き粉を使うように という歯科医院側の指示は、全くの無意味であるということを お伝えしておきます。

皆様におかれましては、『カンジダ菌は、歯周病の原因菌ではない 』ということを前提に、正しい歯周病治療を行える歯科医院を 選んでいただきたいと思います。

本日は『カンジダ菌は歯周病の原因菌か? 』というテーマで お伝えしました。

日本歯周病学会 ポジションペーパー

正しい歯周治療の普及をめざして 抗真菌剤の利用を批判する(PDFをダウンロード 988K)

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事