群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「成長期を過ぎた成人にも歯の矯正はできるのか?」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「成長期を過ぎた成人にも歯の矯正はできるのか?」

矯正 成人 群馬 前橋
万代歯科診療所 のビデオコラムです。
矯正 成人 群馬 前橋 今回のテーマは、『 成長期を過ぎた 成人にも 歯の矯正は できるのか? 』です。 歯科矯正は、中高生などの若い方々がしているイメージが強いかと思います。 ですが、矯正の本来の目的をみれば、年齢は関係ないかと思います。 前々回のビデオコラム 《矯正治療の本来の目的とは?》 にて、目的をお伝えしています。 様々な 治療がある中で、成人の方には あまり考えにくい 矯正も、このビデオコラムを通して、あなたの 今後の治療に 役立てれば 幸いです。 『 成長期を過ぎた成人にも歯の矯正はできるのか? 』(6m20s)のビデオコラムです。
※ 以下、 矯正 成人 群馬 「 成長期を過ぎた成人にも歯の矯正はできるのか? 」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。
____________________ 皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所の ビデオコラムに ようこそ おいでくださいました。 本日は「 成長期を過ぎた 成人にも 歯の矯正は できるのか? 」というテーマで お伝えしていこうと思います。 歯の 矯正を受ける ということになりますと、イメージされるのは、例えば、どうでしょう。 小学校の 高学年ぐらいから 高校生ぐらいの方が 受ける、ということが、最も イメージしやすいのだと思います。 これは 当然のことなんですが、そうなりますと、成長期を過ぎた 成人の方には、矯正は できなくなってしまうのでは というように思う方も いらっしゃるようです。 ここで 矯正 の本来の目的について、おさらいを してみたいと思います。 多くの方は、見栄えよくしたい、歯並びが もうガタがある ということで、見栄えをよくしたい という思いで 矯正を 受診される という方が多いのかと思います。 けれども 本来の目的は、1番目としましては、歯が、すぱんと 並んでくることによって、歯磨きのしやすい環境を作る ということになるわけですね。 これが、磨きやすい ということは、磨き残しは、ほぼ、ばい菌の 塊 そのものですので、それを 落としていくことよって、虫歯、そして 歯周病を、なりにくくする 環境にできる、ということになるわけですね。 また、2番目としましては、かむ力を 安定的に受け止める、というふうになるわけです。 こういう かむ力が、歯 とかに加わったときに、均等な並び、そして 角度とか、そういうことが 安定しているような 環境になりますので、ガタがあったと、力が 加わって、大体 体重ぐらいの パワーがかかりますので、こんなガタガタだと、どこかに 力が 集中ししまうとか、というふうに なるわけですが、しっかり 並んでいることによって、それが、力が 安定する ということによって、これが、10年、20年、30年 という話になった場合には、歯の壊れていく、すり減る とか、欠けてしまう とか、顎関節への負担 とか、歯ぐき、骨への負担 とか、ということが、力が バランスよく 配分されることになるので、これは 長持ちの方向に つながるわけですね。 この1番目の 歯磨きをしやすい 環境作り、そして、2番目の 噛む力を 安定的に受け止める、ということは、これは 歯が長持ちする というところに つながっていくわけであります。 この 二つの目的によって、矯正治療によって 並んだ歯というのは、結果として、見栄えがよい、というふうになってくるわけですね。 この 本来の目的を 意識していただきますと、成人でも 矯正治療を受ける ということは、十分、意味のあるものに なってくるわけです。 今回の テーマである「 成長期を過ぎた 成人にも 歯の矯正は 可能なのか?」ということに対しては、答えを言いますと、矯正は 可能 というふうになってくるわけです。 ただ、欠点としましては、若年者に 比べて、成長期を 過ぎている ということになりますから、どうしても 骨が 成熟 という意味で、若年者よりは、硬くは なってきますから、治療期間が 長い傾向に なってくるわけですね。 これは、ちょっと 現実問題としますと、若干、治療費が 高くなる 傾向になるかもしれません。 また、治療のスタートが 中高生より 遅いわけですから、治療期間が 終わったあとの、いわゆる「うまみの期間」と 言うんですかね。 恩恵が 得られる期間は、中高生は、ここから ずっと 歯並びが いいわけですけど、大人になって しばらくしてからの スタート ということは、恩恵を 得られる期間 というのも、やっぱり、若干 短めになってしまう、というのがあるかと思います。 ただ、この期間であったとしても、例えば、50歳で、50から 55歳ぐらいのところで、矯正治療が 終わったとしても、まだ、10年単位で 安定した 歯並びの期間が得られる ということは、十分、まだ 価値がある というふうに解釈できるわけです。 8020運動 と言いまして、80歳で、20本の歯を 残して 食べられる、その環境、歯がないと 食べられませんので、大体、20本 そろっていると、何とかして、ご自身の歯で食べられると言うわけですけれども、当院にも、80歳で 20本残っている という方もおられますが、この方は、全員共通して 言えることは、その方、すべての方が、100点満点 というわけではないですけれども、おおむね 良好な 歯並びをしている ということになります。 したがいまして、生涯、歯を残したい と思っておられる方は、ぜひとも、もういいや という発想ではなくて、矯正治療を受けることも 検討していただければと 思っております。 本日のテーマは「 成長期を過ぎた成人でも 歯の矯正は 可能なのか? 」というテーマで お伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。
このコラムに関する、万代歯科Facebookページ このコラムに関する、万代歯科マイベストプロページ 万代歯科診療所 ビデオコラム 「矯正治療の本来の目的とは?」

関連記事