万代歯科診療所 群馬県前橋市の歯科医院

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか 」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか 」

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

歯に痛みがあると、虫歯や歯周病ではないかと思い 歯科医院を受診される方 いらっしゃると思います。

ですが、受診をしても、痛みの原因が 虫歯でも歯周病でもない場合、歯科医師からは 治療の提案を何もされないことがあります。

そこで、今回の動画をご覧いただき、現在や今後、原因がわからない痛みがでたときの 参考にしていただけたら幸いです。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか』(6m14s)のビデオコラムです。

以下、「虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか」の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さんこんにちは。万代歯科診療所のビデオコラムにようこそおいでくださいました。

本日は「 虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか 」というテーマで お伝えしようと思います。

皆様の中には 現在痛みを抱える歯があって、複数の歯科医院へ受診しても 虫歯や歯周病などの確たる問題が見当たらず、その原因が特定できない状態にある方もいるようです。

歯科医院では原因が確定できず、また対処法も提示されず 場合によっては、数々の歯科医院へ転々と受診されたり、心療内科 や ペインクリニック などへ 受診されている方もいるようです。

こうした状況を踏まえ、今回は 『 虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか 』ということについて 解説していこうと思います。

通常『歯が痛い 』という場合は、虫歯または歯周病の問題がある ということを まず第一に疑うことになります。

虫歯や歯周病は、口腔内にある 虫歯菌 または 歯周病菌 によって、歯 そのもの または 歯肉 や 顎の骨 を破壊される疾患です。

虫歯 や 歯周病 であれば、歯科医師が 直接口腔内を診たり レントゲン写真を確認することによって、その問題の存在を 確認することができます。

しかし、歯が痛い という確たる自覚症状があるのに口腔内を見ても レントゲン写真を確認しても、しかるべき問題が見つからないこともあります。

このような場合、本当に 心療内科やペインクリニックに行く必要がある ということも あり得るのですが、その前に疑っていただきたい要素があります。

それは『 力の問題 』です。

特定の歯に 何らかの原因で 力の集中が起きると、その歯が 集中した力に耐えられず、痛みとして 危険信号を発することがあります。

特定の歯 一本ではなく、一定の領域に存在する複数の歯に 持続的な力が加わった場合でも 『この辺りが痛い 』というような、場所が不確定な痛みとして自覚されることがあります。

では『 力の問題 』には どのようなものが挙げられるのかを 解説していきます。

1番目としましては『 歯並び や 噛み合わせ の問題 』が挙げられます。

『 歯並び や 噛み合わせ の問題 』には、開咬 という上下の歯の一部しか 噛み合っていない状態や 咬合干渉といって、噛むときに ” 引っかかり ” がある場合などがあります。   

2番目としましては『 噛む という事に関する癖 』が挙げられます。

『 噛む という事に関する癖 』には

左右いずれかの噛み癖 すなわち 『そちら側でしか食べていない 』という状態、また、強く噛みしめる 食いしばりや、さらに左右にこすってしまう 歯ぎしり、また TCH(Tooth Contacting Habit )といって 強くはなくても 上下の歯が持続的に噛んでいる状態を 続けてしまう状態 などがあります。

今申し上げたことの詳細につきましては、別の機会で解説していきたいと思います。

皆様におかれましては、虫歯や歯周病以外でも 力という問題で歯が痛くなることもありえる ということを 確認していただきたいと思います。

また、このような 力の問題を原因とする痛みを解決できる歯科医師が少ない のが現状であります。

皆様方におかれましては、力や噛み合わせに関する問題に対して、的確に対応できる歯科医師を選んでいただくことを 強くお勧めいたします。

力や噛み合わせに関する問題に対して、的確に対応できる歯科医師でないと 虫歯や歯周病などの問題も根本的には解決できない という事をお伝えしておきたいと思います。

本日は『 虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか 』 というテーマでお伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事