群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「ホワイトニングを行う際の注意点について」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「ホワイトニングを行う際の注意点について」

ホワイトニング 歯 群馬 前橋

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

ホワイトニング 歯 群馬 前橋

今回のテーマは、『ホワイトニングを行う際の注意点について』です。

審美を目的とした ホワイトニングに興味がある方やご経験がある方、多いかと思います。

“歯を白くするための処置” ですが、ホワイトニングをするにあたって 気を付けていただきたいことがあります。

安易な気持ちでやってしまうと、きれいにした後に後悔することになってしまうかもしれません。

動画をご覧になって、参考になさってください。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『ホワイトニングを行う際の注意点について』(6m21s)のビデオコラムです。

以下、ホワイトニング 歯 群馬「ホワイトニングを行う際の注意点について」の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さんこんにちは。万代歯科診療所のビデオコラムに ようこそ おいでくださいました。

本日は、『ホワイトニングを行う際の注意点について』というテーマでお伝えしていこうと思います。

歯科医療における 皆様の関心は、かつては 良くない状態からの復活 ということが、関心の中心にあったわけですけれども、現在となってはですね、それはもちろんのこと、その良くなった状態を維持する とかさらには、口腔内を美しくしていく というところにもですね、興味関心が高まってきているものだと思います。

これに伴いまして 歯のホワイトニングに関しましてもですね、皆様が 興味、関心を示されるようになってきているな ということを我々も実感しております。

ただし そのホワイトニングも、いとも簡単に白くなる というわけではなくてですね、いくつか注意点もありますので、今回は これを解説していきたいと思います。

1番目としましては、歯の色以外は問題ない ということが前提になっていることが 大事になります。

ホワイトニングを行うためには まず、歯磨きができていること とか、歯石がちゃんと取り除けていること、そして 歯周病や虫歯になっていないこと、もしくは その治療が終わっているということですね。

また、歯並びに 重度の問題がないこと、このようなことが達成されてから 行われるのが前提になっています。

これを達成しないまま、ホワイトニングを いわゆる強行突破みたいなことをやってしまいますと、ホワイトニングの効果に 例えば ムラが出てしまったりですね、潜んでいた問題が悪化してしまう というようなことになりかねません。

是非とも その前の処置というのはしっかり済ませておく ということが大事になってきます。

2番目としましては、歯以外は白くならない ということを、ご理解頂きたいと思います。

ホワイトニングというのは、天然の歯を白くする というのが、その目的なんですね。

従って 歯以外の人工のもの 例えば、セラミックの被せもの とかですね、こういうようなものは 食事中に茶渋とかの いわゆる ステイン と言われるものですけれども、こういうのを綺麗にして 本来の色に戻す ということはできるんですが、セラミックに設定された色ですね、これをさらに白くしていくっていうのは 不可能なことになってしまいます。

これを意識せずに ホワイトニングに望んでしまいますと、歯を白くなったのはいいけれども ここに入っているセラミックの歯は、相対的に 色濃く目立ってしまう ということになることがあります。

3番目、思い通りの色になるとは限らない ということです。

ホワイトニングは、毛染めのような 着色ではなくて、脱色なんですね ブリーチングに相当するわけです。

着色であれば およそのイメージがあって、この色をつければ着色すればそうなるんだな ということは、大体イメージ通りに行くかとは思いますけれども、ホワイトニングの場合は 脱色、減らしていく方なので ホワイトニングを始めて だんだん白くなっていった頃合いを見て、じゃあこの辺で よしにしましょうねっていうようなやり方になるわけです。

従いまして とにかく白くしてくれとか、もともとの歯の色が とっても濃い色の方も 中にはいらっしゃるんですが、こういうような方がですね、お望みのイメージ通りの白さ というのを復活させるというのは、ちょっと難しくなってくるのが 現状になるかと思います。

4番目としましては、効果が永久的ではない ということをお伝えしていこうと思います。

ホワイトニングによって、望み通りの白さになったと よかったね となったとしても、その白さが 永久に続くわけではなくてですね、大体3ヶ月から半年ぐらいになってきますと 当初の色とはちょっと違ってきたなーというようなことを 感じ始めるようになってくるかと思います。

このような場合には、ステイン除去とかですね、ステインであれば それを除去していって元に戻すとか、あとはもう1回ホワイトニングを追加していく というようなことが必要になってくることがあります。

今、主な注意点を解説しましたけれども、まとめとしましては、ホワイトニングというのはお気軽、お手軽にできるものではない ということをご理解いただければよろしいかと思います。

詳しいことになってきますと 各患者さんの そのいわゆる個別の対応ということになってきますので、担当の先生に ご相談なさるようにしてください。

本日は 『ホワイトニングを行う際の注意点について』というテーマで お伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事