万代歯科診療所 ビデオコラム 『歯磨きは食後30分以上経ってから行う方がいいのか?』


歯磨き 群馬 前橋

万代歯科診療所の 歯磨き 群馬 前橋 に関する ビデオコラムです。

歯磨き 群馬 前橋

今回のテーマは、『 歯磨き は 食後 30分 以上 経ってから 行う方がいいのか? 』を お伝えしていきます(4m29s)

テレビ等で、 “ 食後すぐに 歯磨きはしない方がいい ” という情報を知った方が、いらっしゃるのではないでしょうか?

はじめに 結論をお伝えすると、食後すぐに 磨いていただいて 問題ありません。

食後 の お口の中 は、どのような 環境になるのか。

そこが 重要 なポイントになります。

 

※ 以下も、ご参考に なさってください。

万代歯科診療所 ビデオコラム 歯磨き粉の薬用成分は有効か?』

このコラムに関する、万代歯科 Facebook ページ

このコラムに関する、万代歯科 マイベストプロ ページ

 

※ 以下、動画内容を 文章に書き起こしたものです。

____________________
皆さん、こんにちは。
万代歯科診療所の ビデオコラムに ようこそおいでくださいました。

本日のテーマは 「 歯磨きは 食後30分以上 経ってから 行うほうがいいのか? 」というテーマで お伝えしていこうと思います。

結論から 申し上げますと、今回のテーマである “ 食後 30分以上 経ってから 歯磨きしたほうがいいのか ” ということを、皆さんの中には、「 既に聞いたことがある 」 もしくは、「 え?そういうもんなんだ 」 と思った方も いらっしゃるかと思いますけれども

結論 を申し上げますと、『 忘れてください 』ということになります。

すなわち、 食後 すぐに 磨いていただいて 、何ら問題ありません。

なぜこのようなことが 広まったかといいますと、一時期、テレビの中で このような内容が放送された という経緯 があるようです。

このことについて、メカニズム を解説していきます。

食事 をすると、お口の中が 酸性 のほうに傾いていきます。

そして、 歯 の表面の成分、これが 溶け出してくる。これを “ 脱灰 ” といいます。

一方、お口の中の 唾液 の成分によって、また、溶け出した 成分が、もう一度、 歯 の構造の結晶のほうに戻る。これを “ 再石灰化 ” と呼びます。

この理論は、食事 をして、 脱灰 が進んでから 再石灰化 して戻るまでの間が 30分ぐらいなので、 脱灰 のときに歯磨き をやっちゃうと、つまり、 脱灰 というのは 歯 が理論上 軟らかくなっているということなので、それをこすると ボロボロ取れてしまうから よしなさいよ というような考えになるわけです。

そして、30分以上経って 再石灰化 が完了したところで 歯磨きをしていきましょう、という発想に なっているわけです。

ですが、この理論は、この実験そのものは、実際 お口の中 でやった実験というわけではなくて、どちらかというと、理科の実験 というようなイメージに、近いものだと思っていただいて 結構だと思います。

つまり、お口の中 の実際の状況を、フィードバックして やられた実験ではない というふうに言われています。

お口の中で、 虫歯 が成立するためには

歯 そのものの存在、そして 虫歯菌 の存在、そして 甘い物 を含めた 糖質 炭水化物 の存在

というのが、この3つ が加わると、 虫歯 になっていくわけですけれども
食後30分 の状態というのは、やはりこの3つは、 歯磨き をしなければ そのまま残っている。

すなわち、 脱灰 はそのまま進んでいる、というふうになってしまいます。

ただ、返ってくる、戻ってくる、 唾液 も出ますから、 再石灰化 も行われてはいるんですけれども、唾液 からの 再石灰化 よりも、 脱灰 のほうが進んでしまっている。

進行 してしまっている、というような状態に なってしまうわけです。

したがいまして、食後すぐに 歯磨きをしていただくことによって、炭水化物、それと 虫歯菌 を、問題のない レベルまで排除する ということによって、 虫歯 の成立をストップさせる。

その環境下で 再石灰化 を促していく、というような発想が 本来だと思います。

結論 をおさらいしますと、食後30分経ってから 歯磨きをするということは、別にやらなくていいです。

そのまま、食事が終わったあとは、速やかに 歯磨きをしていただく という、今まで通りの習慣 を続けるようにしてください。

本日のテーマは、「 食後30分以上 経ってから 歯磨きをしたほうがいいのか? 」というテーマでお伝えしました。