万代歯科診療所 ビデオコラム 『歯のどこを磨けば良いか?』


予防歯科

万代歯科診療所 の 予防歯科 に関するビデオコラムです。

予防歯科

今回のテーマは、『 歯 のどこを磨けばよいか? 』 をお伝えしていきます。(3m57s)

「普段の 歯磨き で、どこを磨いていますか?」 と聞かれたら、「全体的に磨く」 と答える方が多い と思います。

もちろん、全体的 に磨くのは 間違いではありません。

ですが、全部の 歯の 隅々まで 磨こうとすると、結構大変ですよね。

今回は、効率よく 歯磨きをしていただけるように、3つのポイントをお伝えします。

汚れは 歯ブラシ で擦らないと落ちません。

その汚れが どういったところに付きやすいのか、 そして 落ちにくいのか。

ぜひ その3つのポイント を知っていただいて、 歯磨き をしていただきたいと思います。

 

※ 以下も、ご参考になさってください。

万代歯科診療所 ビデオコラム 『歯ブラシの持ち方・当て方は?』

このコラムに関する、万代歯科 Facebook ページ

このコラムに関する、万代歯科 マイベストプロ ページ

 

※ 以下、 予防歯科 に関する動画内容を 文章に書き起こしたものです。

____________________

皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所の 笛木です。

万代歯科のビデオコラムに ようこそおいでくださいました。

今回のテーマは 「 歯 のどこを磨けばよいか?」 というテーマで、お話をしていきたいと思います。

多くの方は、 歯 の隅々まで徹底的に、全面のところを 隅々まで磨かなければいけない というふうに考えておられる方が、結構な割合でいらっしゃいます。

確かに、そうやってもらえれば 間違いはないんですけれども、実際は ピンポイント というのがありまして、そのピンポイントをしっかり落としてもらえれば 極端なこと言うと

そこ以外は あまり意識しなくてもいい。 磨かなくてもいい。

と言ってもいいぐらい、押さえたい ポイント というのがあります。

そのポイントは 3つあります。

1つ目は、 歯 と 歯茎 の境目 のところです。

もう1つは、 歯 と 歯の間 。

隣り合い同士のところですね。

その下のところを、ちょっとくぐらすというような、そういうようなところも、汚れを しっかり取っていただくことが 必要になります。

そして、もう1点が、奥歯 の かみ合う面 に溝があるんですが、そこのところを しっかり落としていただく ということが大事になってきます。

もう一度、繰り返して おさらいしてみましょう。

歯 と 歯茎 の境目。

二番目が、 歯 と 歯の間 。

そして、三番目が、 奥歯のかみ合う面にある溝 のところです。

ここに 汚れがたまりやすいので、そこを目がけて、効率よく 磨いていただくということが大事になってきます。

では、そうすると、こういう質問 が出てきます。

「他のところは、どうするの?」 というふうに なってくるわけですが、他のところはどうなるかというと、 食事とか、会話のときに、今、私もこうやって 話をしていますが、 唇 が動く、 舌 も動く、 内側のほっぺが動く = ほっぺの内側の粘膜のところも、歯をこすっているわけです。

そういう過程の中で、自然に汚れが 勝手に落ちてくれる。

また、食事をしていくときに、食べ物が粉砕されて、それが 歯 とこすれ合うこと にもなりますけれども、今 申し上げた 3つのポイント のところ以外のところは、そういうような 舌 、 唇 、ほっぺのこすれとか、食物がこすれ合うことによって、汚れが自然に落ちてくれる というふうに言われています。

ただ、これをもってしても、 先ほど申しました 歯 と 歯茎 の境目、 歯 と 歯の間 、 そして、 奥歯 のかみ合う面、この3つだけは、そういうような作用も 及ばないところになってしまうので、そこだけは狙って しっかり 磨いて いただきたい、というふうになってきます。

今回のテーマは、「 歯 のどこを磨けばいいか?」 というテーマで、 効率よく 磨いていただことのお話を させていただきました。

また次回 よろしくお願いします。