群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム『歯ブラシの持ち方・当て方は?』

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム『歯ブラシの持ち方・当て方は?』

歯ブラシ 当て方 群馬 前橋 歯科医院

群馬県前橋市の歯科医院、万代歯科診療所のブラッシング、歯ブラシの当て方に関するビデオコラムです。

歯ブラシ 当て方 群馬 前橋

今回のテーマは、『 歯ブラシ 当て方 持ち方 について 』をお伝えしていきます。

私達が 毎日 している 歯磨き で、気を付けていることはありますか?

歯磨き指導 の際に“ 前歯 は 縦磨き、奥歯 は 横磨き しています”とよく耳にします。

磨く向き を意識していただいていることは とても良いことです。

“ ただ磨く ”のではなく、“ 意識して 磨く ”のでは、汚れ の 落ち具合 が大きく変わります。

ですが、気を付けてほしいことは、磨く 向き だけではありません。

歯ブラシ を 握る ように持っていませんか?

歯ブラシ を大きく動かしていませんか?

今回は、虫歯 や 歯周病 の 予防 には欠かせない、歯磨き の 基本的 な 方法 をお伝えします。

正しい 磨き方 を 体得 することで、 効率的 に 歯磨き をしていきましょう!


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『歯ブラシの持ち方・当て方は?』(3m22s)のビデオコラムです。

※ 以下、 歯ブラシ 当て方 群馬 『歯ブラシの持ち方・当て方は?』に関する動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さん、こんにちは。万代歯科のビデオコラムに、ようこそ おいでくださいました。

今回は「 歯ブラシ の持ち方・当て方は、どういうふうに すればいいか?」というテーマで お伝えしていきたいと思います。

まず、持ち方 でありますけれども、ペングリップ 、鉛筆 を持つような 感覚 で持っていただいて、これを ぐるぐる回す ということで、この 毛束 が自由な方向に 動かせる、というふうに ペングリップ で持ってください。

こんなふうに持っている方、結構いらっしゃるかと思うんですけど、ちょっと、これは 力 が強く伝わりすぎてしまいます。

したがいまして、ペングリップ で、むしろ 力 が少し逃げると、遊び があるというくらいのが ちょうどいいと 言われています。

ブラシ の当て方になりますけれども、歯に対して、真横、垂直 の 真横 か、もしくは、斜め45度。

下の歯 だったら、上から下に向かって。

そして、上の歯 だったら、下から上に向かって45度にするか、もしくは、歯の面 に対して、すべて垂直でやるというやり方が一般的です。

今度は、行き来、往復 の ストローク、どれだけの幅でやればいいかということですが、一番大胆なやり方、全部をしっかり持って わーっと やるという やり方を されている方も いらっしゃいますが

そうではなくて、先ほど申し上げました ペングリップ でやっていただいて、まず当てていただいたら、小刻み に、せいぜい2ミリ か 3ミリ ぐらい、そのぐらいの 前後 ストローク で、ゆっくり当てていただくと。こんな感じでですね。

この 毛先 が、歯 と 歯の間 に入り込んでいく。

毛先 のほうが、歯 と 歯の間 に入り込んでいく。

こんな ようなことを イメージ して いただいて、シャカシャカ ってやっていただくと、そうすると、非常によく、効率 よく 取れてくる と思います。

これを だんだん 動かしていって 移動 させていく、というような 感じになります。

今 ご覧いただきました、こう来たところで この 持ち方 で ずっとやっていると、間に合わなくなりますね。

したがいまして、これを 持ち変える ときに、その 切り替える ところは必ず重なるように。

なるべく これで 持っていって、ここから こうではなくて、こうやって 磨いて もってきたら、ちょっと 戻って、こっちだ というようなかたちで持っていく というようにしていただくと、効率的 に、確実 に 磨ける ようになってくるかと思います。

ぜひお試しになってください。

今回は、「歯ブラシ 当て方、そして、持ち方 はどうするの?」というテーマでお伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事