群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム『歯医者さんが使っている歯ブラシは?』

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム『歯医者さんが使っている歯ブラシは?』

群馬 前橋 歯科 歯ブラシ おすすめ

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

群馬 前橋 歯ブラシ おすすめ

今回のテーマは『 歯医者さんが使っている 歯ブラシは? 』をお伝えしていきます。

歯科医師や歯科衛生士 歯科関係者は、『 歯科のプロ 』であるわけだから、さぞや歯ブラシには こだわりがあるのであろう。歯科関係者は どのメーカーの歯ブラシを使っているのか? ぜひとも知りたい!

と思う方もおられるでしょう。

もちろん、こだわりにこだわって 自身の歯ブラシを選定している歯科関係者もいます。

ですが・・・

実は多く・・いや 大半の歯科関係者は

『 別に・・何でもいいんじゃないの? よほどの粗悪品とかマニアックなモノでなければ・・ 』

と解釈していると認識して 差し支えないです。

実際 私は色々なメーカーから 定期的に頂ける試供品で済ませています(笑)

ただ 患者さんへの指導用としては、ある程度の統一がないと、膨大な種類の歯ブラシ商品知識を 持たなければならなくなるので、当院でも原則 統一ブランドにしています。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『 歯医者さんが使っている歯ブラシは? 』(4m59s)のビデオコラムです。

※ 以下、群馬 歯ブラシ おすすめ 「歯医者さんが使っている歯ブラシは?」の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さん、こんにちは。万代歯科診療所 の笛木です。万代歯科 のビデオコラムに、ようこそおいでくださいました。

今回のテーマは「 おすすめの歯ブラシは 何がいいですか?」という質問に対して お答えしていきたいと思います。

結論から申し上げますと、よほどマニアックな物か、変な物というのでなければ、実際はどれを使っても同じかな、というふうに私は考えています。

実際、私の周囲の歯科に携わる歯科医師、そして、歯科衛生士に同じような質問、つまり

「あなたは、どこの会社の、どの歯ブラシを使っていますか」

という質問をした場合に、恐らく多くの方が

「別にどれでもいいんじゃないの?変なのでなければ」

って言うんだと思うんですね。

これは、どこに主眼がおかれているかというと、ブラシの選定うんぬんということよりも、ちゃんとそれを使いこなせて 的確に落とせているか。

ちょっとこれは、細かいことは、また別のときにお話をしていきますが、そこに焦点があるから

「使う物は別に何でもいいんじゃない?」

という発想のほうが、やっぱり多数かな というふうに、自分としては感じています。

もちろん、これがいい というふうに、こだわっている先生もいるのは 事実ですけれども、私が、いろんな歯科関係者の方と接している分には、それほど強いこだわり を示す方は あまりいないな というのが、実感としてあります。

多くの歯科医院では、指導用に使っている歯ブラシ。

例えば、それはある程度の統一がないと、この患者さんは この歯ブラシ、またこっちの患者さんは この歯ブラシと どんどん違ってくると、歯ブラシの いわゆる商品知識 を持っていなければならなくなるので、非常に 指導が複雑になってしまうんですね。

そういうことで、各歯科医院の指導用 として用意する歯ブラシは、結構統一されている物が 多いんじゃないかな と考えています。

それは、じゃあ、どこの会社かとなりますと

ライオンの「DENT.EX」 というシリーズの物か
サンスターの「BUTLER」 という、このシリーズの物が多いのかなと。

もちろん、それしかないというわけじゃないんですが、それが多いかなというふうに、自分としては感じています。

それの、いい悪いは、また別の話ですが、多分、それが多い、多数派を占めているのかな というふうに考えています。

もし、選ぶときのポイント があるとするならば、2つ あるかと思います。

1つ目は、あまり毛束の部分、専門用語では ヘッド と言いますけども、あれが 非常に大きいと、口の中、頬張りながら、こうやらなきゃいけないので、非常に扱いが 大変になるかな と思います。

これをちょっと逆手に取って、歯科関係者の中には あえて 大人 なのに、小児用の歯ブラシを使う というような方もいらっしゃいます。

もう1つは、 毛 そのものが、硬すぎず、柔らかすぎず というところの物を選ぶのが いいと思います。

あまり硬いので、たわしで擦るかのように、傷つけてまで やるものでもありませんし。

かといって、絵筆のような、コシのないような物でやっても、結局は 汚れは落ちませんし。

これは、皆様が使っていただいて、感覚 として感じ取っていただければいいです。

硬さの何か、どれだけの力をかけてしなる程度 とか、そんな細かいこと言わなくていいので、皆様が感じ取って、硬くもなく、柔らかくもなく という範囲。

一点ではなくて 必ず範囲がありますので、この範囲に収まっていれば、別に問題はないかな と思っております。

今日のテーマは、 おすすめの歯ブラシは何? ということで お話をさせていただきました。

また次回、よろしくお願いします。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事