群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム「インプラントを入れている人はMRIの撮像は不可能なのか? 」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム「インプラントを入れている人はMRIの撮像は不可能なのか? 」

群馬 前橋 インプラント MRI
万代歯科診療所 のビデオコラムです。
群馬 前橋 インプラント MRI 今回のテーマは、『 インプラントを 入れている人は MRIの撮像は 不可能なのか? 』です。 ※ MRIの場合、撮影のことを “ 撮像 ” と言います。 最近、「 インプラント が入っていると MRIが撮れない 」 という説明が あるようです。 インプラント と MRI が、どう関係しているのか。 一般的に 知られていないことだと 思いますので、動画にて ご確認ください。 ★当院のホームページでは、ビデオコラムの テーマ募集をしています。 歯科に関して 疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。 テーマ募集に関して、詳しくはこちら
群馬 前橋 インプラント MRI
『 インプラントを入れている人はMRIの撮像は不可能なのか? 』(5m55s)のビデオコラムです。
※ 以下、 群馬 インプラント MRI 「 インプラントを 入れている人は MRIの撮像は 不可能なのか? 」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。
____________________ 皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所の ビデオコラムに ようこそ おいでくださいました。 本日は 「 インプラントを 入れている人は MRI の撮像は 不可能なのか 」というテーマで お伝えをしていこうと思います。 結論から 申し上げますと、 インプラントが MRI画像 に適さないで はなくて、 磁性アタッチメント という磁石を使った、取り外しの 入れ歯 を使っている方が、 MRIの撮像 のときには注意を要する ということになります。 X線 写真撮影や、CTは 放射線を浴びることには なりますけれども、それによって 体の中の見えないところの データを画像化することによって、より、診断を高めていく というふうになっていくわけでありますけれども。 これに対して、 MRI というのは 放射線の力 ではなく、磁力線 を使って、お体のデータを 画像化していく というようなやり方になるわけです。 従いまして、お口の中に 磁石 があったりすると、画像が 非常に乱れてしまう というふうになってくるわけであります。 なぜか、インプラントを入れていると MRIの撮像ができない、という情報が 広がっているように 私どもは 感じております。 実際、複数の患者さんから 「インプラントを 入れていると MRIは 撮れなくなっちゃうんじゃないか 」というような 質問をいただくことがあります。 繰り返しますが、これは、インプラント が だめなんじゃなくて、MRIの撮像に だめなのは、 磁性アタッチメント という 取り外しの入れ歯 を使っている方が、注意が必要だ ということになります。 本当に、その 磁性アタッチメント を使ってる方々が、MRI撮像 が必要になった という場合は、原則、磁石そのものは 口の中ではなくて 入れ歯のほうに 入っているので、入れ歯を外して 撮像に臨んでいただければ、ほとんど問題がない というふうに 解釈してよろしいかと思います。 ただし、口の中に 非常に近い領域のところを 撮像しなければならない といった場合には、磁石を 受け止める、くっつく側の キーパー という専門用語なんですが、キーパーから、イメージで言うと、ゴルフボール 大 ぐらいの範囲で 画像の乱れが生じる 可能性がある というふうに言われています。 ですので、通常の 脳を撮る とか という程度であれば 問題ないのですが、口の中の キーパー があるところに、非常に 近いところを 撮らなければならない となった場合には、残念ですが、その キーパー自体も 撤去をしていかなければならないのかな と思います。 もし、それほど 近接している、こんなに近いところでなくて、もっと遠いところに そのキーパーがある ということであれば、普通に撮ってもらって かまわないのですが、その場合に 注意していただきたいのは、取り外した この入れ歯は、撮像の空間に 入れないようにしていただきたい ということなんですね。 その MRI から出る 磁力線 によって、 磁性アタッチメント の磁石が 弱まってしまう というふうに言われています。 ですので、どこか 撮像の部屋から 外へ出していただいて、撮像に臨んでいただければ 問題はないかと 思います。 恐らく、診療放射線技師 の方が、どこか その情報として、ちょっと釈放を 間違えて 患者さんほうに指導をしているのかな というのが、うかがい知れるところがあります。 もし、診療放射線技師 の方が、このビデオを ご覧になっているようでしたら、ぜひとも 日本磁気歯科学会 というものがありまして、ここには MRI の安全基準マニュアル というものが公開されております。 ここのホームページに、その MRI の安全基準マニュアル というものが ありますので、どうか、その 診療放射線技師 の方におかれましては、少し その専門知識を 身につけていただいて 理解を深めていただくとよろしいのかな と思っております。 もう一度、結論を 繰り返し お伝えしておきます。 MRI 撮像がだめなのは、インプラント そのものではなくて、 磁性アタッチメント という、 磁石 を使った 取り外しの入れ歯 が問題がある ということになるわけです。 どうか、この情報を 覚えておいていただきたいと思います。 本日のテーマは 「 インプラントを 入れている人は MRI撮像は だめなのか 」というテーマで お伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。
このコラムに関する、万代歯科Facebook ページ このコラムに関する、万代歯科 マイベストプロ ページ 万代歯科診療所 ビデオコラム 『インプラントはどこのメーカーがいいの?』

関連記事