『おすすめの歯磨き粉は?』よりも大事なこと②

前回の続きです。

虫歯・歯周病予防という視点に立った際、重要になるのは、歯磨き粉の選定ではありません。

もっと重要になるのは

『 歯垢(プラーク)をしっかり除去できるブラッシングの実践 』

『 糖分摂取の管理をしっかり行う事 』

ということをお伝えしました。

今回は 『歯垢(プラーク)をしっかり除去できるブラッシングの実践 』 の重要性についてお伝えしたいと思います。

虫歯・歯周病共に、口腔内に存在する細菌によって発生することは周知の事実です。

食べカス等によって形成される歯垢(プラーク)は、それら原因細菌の塊です。

歯垢(プラーク)を除去せずにそのままにしておくと、虫歯・歯周病にかかりやすい口腔内環境になってしまいます。

歯垢(プラーク)を除去するためには、機械的な除去、つまりブラッシングによって 歯垢を擦り落とすことが最も有効なのです。

歯のあらゆる面についた歯垢(プラーク)を徹底的に除去することが、虫歯・歯周病予防にとても大切なのです。

『 フッ素入りの歯磨き粉が虫歯予防にいい 』 という話をよく耳にするかと思いますが

① フッ素入りの歯磨き粉を使用して、大雑把に磨く

② 歯磨き粉無しで、すみずみまで丁寧に磨く

上記2つを比較するとしたら、断然②の方が望ましいのです。

その理由は

的確なブラッシングによって 歯垢を擦り落とすこと ができないことには、歯磨き粉に含まれる薬効成分が 全く発揮されないからです。

虫歯・歯周病予防に重要なのは、歯磨き粉の選定ではなく、ブラッシングを正しく行うことなのです。

→次回に続く