原因不明の歯の痛み(TCH:歯列接触癖) その2

前回の続きです。

実は、私自身がコレになっています。

私の場合、このTCHによって下の前歯が痛くなりました。

ある日、下の前歯が痛いことを自覚しました。

ただ、自身が歯科医師でよかったのですが、痛みの“質”が判別できました。

虫歯が進行したときの痛みや、歯を無麻酔で削った時の痛み(鋭いズキズキという痛み)ではなく、矯正治療の装置を入れた直後のような、何らかの外的圧迫力を持続的に受けた様な痛みなのです。(鈍いジンジンする痛み)

しかし、鏡で見ても虫歯はないし欠けてもいません。

口腔内写真やレントゲン写真で診断しても“異常なし”でした。

私自身はこの症例を『TCHによる歯牙の痛み』と診断しました。

その処置法ですが 『ありません』

患者である私自身がTCHを自覚して、自分自身でTCHをやめるしかないのです。

『歯科医師が何か処置をして、痛みを止めてくれる』という発想は、TCHには通用しません。

コレが理解できないと

患者側は、『はやく何とか痛みを止めてくれ!!!』と 強く要求するようになり、医療側は、コレにほだされてしまい、疑問を抱きながらも歯を削ったり、神経をとってしまったり、極端な場合は抜歯してしまう事もありうるのです。

このような処置介入を行っても、TCH自体が解決されていないので全く症状は改善されません。

次回以降へ続く