万代総合歯科診療所 群馬県前橋市の歯科医院

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代総合歯科診療所

万代総合歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1丁目23−2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)※土曜の診療は16:00まで
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療
  • 当院の院内感染予防対策

万代総合歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代総合歯科診療所 ビデオコラム 「歯がしみる原因」

万代総合歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代総合歯科診療所 ビデオコラム 「歯がしみる原因」

群馬 歯科 前橋 高崎 伊勢崎 桐生 太田 一般歯科 歯 しみる 体調管理 口腔外科

万代総合歯科診療所 のビデオコラムです。
群馬 歯科 前橋 高崎 伊勢崎 桐生 太田 一般歯科 歯 しみる 体調管理 口腔外科
歯がしみる原因としてどのような事が考えられるかを解説しています。 虫歯や歯周病ではない場合の原因は? ぜひ、動画をご覧になって 参考になさってください。

歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。 テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。

『 歯がしみる原因 』(5m50s)のビデオコラムです。

以下、『 歯がしみる原因 』の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さんこんにちは。 万代総合歯科診療所のビデオコラム にようこそおいでくださいました。 皆さんの中には現在、歯がしみると「なんでだろう」というような症状をお持ちの方もおられるかと思います。 これはもちろんですね、症状があるわけですから速やかに歯科医院へ受診していただいて、診断をしていただいてしかるべき処置を講じていただくということが大事ではあります。 これを踏まえまして、歯がしみる原因としてどのようなことが考えられるか解説していきたいと思います。 一番目としては虫歯です。 皆さんの感覚ですと、一部の方では歯がしみるようになったら虫歯のスタートと思われている方がいらっしゃるようです。 このような場合は神経を取る、神経というのは専門用語では歯髄といいますが、そこまでやらなくてはいけなくなることも考えられますので速やかに歯科医院に受診されることを強くお勧めします。 二番目としましては歯周病ですね。 虫歯はですね、歯自体が食い破られていくいう疾患でありますけども歯周病、昔は歯槽膿漏と言っていましたけども、歯周病は歯自体がやられるのではなく、歯を支えている歯槽骨、歯肉、歯茎がばい菌感染によってやられてしまう、破壊されてしまう疾患であります。 この症状の一環として歯茎が下がる。 例えば長袖をまくって手首が見えてくるというイメージになるのですが、歯茎が本来の包んでいるところより下がってきてしまい歯の根っこが露出してきてしまうということもあります。 この露出した根っこの部分は知覚があるものですから冷たいものの刺激に対して反応しているということがあります。 これも歯周病治療ができる歯科医院へ速やかに受診されてその処置、皆様におかれましては歯磨きをしっかりやっていただくことによって改善をしてくことを期待しています。 歯がしみる原因としての三番目としては力の問題です。 代表されるのは食いしばぐーっと噛んでいるというようなときにそのような現象がでることがあります。 力を普通の食事のレベルで噛むことはやってもらって構わないですが、食事時でもないのに歯がカチッとのっている、触れ合っているだけでも厳しい。 さらに力をかけていく、それが長時間に渡って無意識に噛んでいるのを続けていますと、歯の方がもともと食事の時に力を受けて仕事をするという風に歯は作られているものです。 これに対して長時間労働を強いられることになって、どうにかしてくれませんかという信号としてしみるとか痛いという症状で発信していることがあります。 例え、その歯自体が歯周病や虫歯に全くなっていない、いわゆる無垢の状態、健全歯であってもぎゅっとくいしばっている状態にあったりTHCというが歯が常時、食事でもないのに触れ合っているという状況が持続されてしまいますとこのような症状が出ることがあります。 時に歯科医院を受診しても、なんら問題ないという判定がでてしまうこともありまして長引くケースもあるようです。 虫歯や歯周病でもない判断をもらって、しみるという場合は力の問題、TCH歯が触れ合っている状態。 これが強くなると食いしばりという状態になります。 このような状態になっていないか、これをリリースしていただくということです。 わずかな隙間でも存在すれば力は伝わりませんので心がけていただくと改善が期待できると思います。 本日は歯がしみる原因としてどのようなことが考えられるかというテーマでお伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。


関連記事