万代歯科診療所 群馬県前橋市の歯科医院

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「充分に気をつけているのに 虫歯になりやすい人の 意外な理由 その2」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「充分に気をつけているのに 虫歯になりやすい人の 意外な理由 その2」

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

今回は、前回のビデオコラムに続き 虫歯予防に関しての情報をお伝えします。

“歯に汚れが付いたままになっていると虫歯になる”だけではないことを皆様に知っていただけたらと思います。

虫歯の原因は いくつかあります。

ぜひ、動画をご覧になって、日常生活から意識してみてください。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『充分に気をつけているのに 虫歯になりやすい人の 意外な理由 その2 』(6m10s)のビデオコラムです。

以下、『 充分に気をつけているのに 虫歯になりやすい人の 意外な理由 その2 』の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さんこんにちは。万代歯科診療所のビデオコラムにようこそおいでくださいました。

本日は『 充分に気をつけているのに 虫歯になりやすい人の 意外な理由 その2 』 というテーマで お伝えしようと思います。

皆様の中には、虫歯予防のために

・日々常識的な歯磨きは行なっている

・糖質と糖分の摂取・管理を気にかけている

・フッ素も適正に使っている

これらのことを 行っているにもかかわらず、定期的に 新たな虫歯が発生してしまう という方がいるようです。

当事者である ご本人も その解決策が分からず、担当している歯科医療側も その対策を講じることなく、漫然と虫歯処置と定期検診を繰り返している現状があるようです。

今回はこのような状況をふまえ 『充分に気をつけているのに虫歯になりやすい人の意外な理由とは 』ということについて 解説していきたいと思います。

虫歯になるための 主な要素をおさらいしていきます。

・虫歯菌の存在

・砂糖そのものや ご飯のデンプンも含む『糖質 』 の存在

・歯自体の結晶構造の強さ または 弱さ

この3つが挙げられます。

これをふまえて、虫歯予防の手段としては

・虫歯菌を減らすため、日々の歯磨きをしっかりさせている

・糖質を含む お菓子などの甘いものを、むやみに与えない

・歯の結晶構造を強くするため、必要に応じてフッ素を使用している 

という事が挙げられます。

保護者からの このような虫歯予防に対する 然るべき働きかけの結果、概ね高校生までに、虫歯に悩むことがあまりない。

すなわち『学校での歯科検診に ほとんど引っかからなかった 』という方は

例えば 『親元を離れたとたんに、甘いものを無制限に食べるようになった 』というような、食生活を中心とした生活習慣が急激に変化しない限り、その後、虫歯が頻発することは起こりにくいと考えられます。

しかしながら、先ほどお伝えした、保護者が然るべき虫歯予防に対する対策を 幼少期から行なっていても、虫歯が頻発してしまうという方や、かつては虫歯には困ることは無かったのに 思い当たる理由もなく、ある時期を境に虫歯が頻発するようになってきた という方もいます。

これらの原因としては

①:食事の回数が多い

②:食いしばりによって歯にひびが入る

この2点が考えられます。

今回は2番目の『 食いしばりによって歯にヒビが入る』ことについて 解説していきます。

歯というのは、結晶構造になっています。

食事による咀嚼を繰り返すことによって、その結晶構造に対して、毎回 自身の体重くらいの力がかかります。

従って、ほぼ全ての方の歯は、多少なりとも クラック すなわち ヒビ が入ることになります。

時に、このヒビから虫歯菌が入り込み、虫歯菌 繁殖の温床となって、虫歯が進行してしまうことがあります。

これに該当する方の大半は、食事中時以外でも、持続的に上下の歯を噛み合わせている事が考えられます。

意外に思われる方もいるかと思いますので、繰り返しお伝えします。

上下の歯は、食事の時以外は 噛み合わないのが本来です。

しかし、何らかの理由で 常に上下の歯が噛み合っている方がいます。

持続的に上下の歯が軽く触れ合ってる程度の状態を、歯列接触癖・TCH( Tooth Contacting Habit )と言います。

この TCH が 強い力で噛み合ってる状態を維持していると 『食いしばり 』となります。

食いしばりは、歯のヒビを引き起こす 大きな要因になりえます。

『 食いしばりによって歯にヒビが入る』事への対策は、『 食べ物を弱い力で噛む 』ということではなく、『食事時以外は上下の歯が触れ合っていないか確認をしていく 』という事の方が現実的となります。

『 唇は閉じて歯は離す 』ということを 心がけるようにしてください。

1番目の『 食事の回数が多い』ことについては、同じテーマの『 その1 』として解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

本日は『 充分に気をつけているのに 虫歯になりやすい人の 意外な理由 その2 』というテーマでお伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事