日本口腔インプラント学会 インプラント専門歯科衛生士に認定されました。

群馬 インプラント 歯科衛生士 専門医

日本口腔インプラント学会 インプラント専門 歯科衛生士 に認定されました。

群馬 インプラント 歯科衛生士 専門医
この度 当院 主任 歯科衛生士の 新田が、日本口腔インプラント学会 インプラント専門 歯科衛生士 として認定されました。

日本口腔インプラント学会 インプラント専門医を更新致しました。

インプラント専門医
また 院長 笛木は、同学会認定インプラント 専門医 資格を更新致しました。

日本口腔インプラント学会は

日本 歯科 医師会 の中に設置された学術研究組織である『 日本歯科医学会 専門分科会 』として、インプラント臨床 分野では唯一の認定を受けている 会員数15,000人以上を擁する学会です。

日本歯科医学会の認定を受けていない学会がダメ というわけではありません。

しかし 情報が氾濫する現代においては、患者側の皆様は どうしても情報弱者の立場になってしまいます。

皆様が インプラント臨床 を手掛ける 歯科医師 を選定する条件の一助として、『 日本歯科医学会 専門分科会 』に属する学会の専門医を選ぶことは重要なことと思います。

(『 日本歯科医学会 認定分科会 』というカテゴリーがあります。専門分科会に所属するには、認定分科会よりも厳しい条件をクリアする必要があります。)

日本口腔インプラント学会

日本歯科医学会 専門分科会

どこの 歯科医院 にも いるのでは・・?

インプラント専門 歯科衛生士 の資格を有する 歯科衛生士 は、群馬 県 では 当院 主任 歯科衛生士 の新田を含め3名しか合格していません。

また、インプラント 専門医 の資格を有する 歯科医師 は、群馬県 にいる歯科医師 約1,400名中 笛木を含め13名(0.9%)しか合格していません。

この13名中、院長 笛木は2013年に 6番目に登録しています。

この13名でも玉石混交であるのが現状です。

参考までに、院長 笛木が所属する勉強会(KDRI)には、笛木を含め 同学会認定 インプラント専門医 が3名、専修医が1名所属しています。

KDRI 北関東歯科臨床研究会

同じ歯科医院に インプラント専門医 と インプラント専門歯科衛生士 両方が在籍している歯科医院は、群馬県にある歯科医院 約1,000件中 当院含め2件しかありません。

患者さんには、どんなメリットがあるの?

①:その歯科医院の『 総合力 』を判定できます

インプラント専門医 と インプラント専門 歯科衛生士 の資格試験には、症例報告が義務付けられます。

自身が実際に患者さんに手掛けたインプラント臨床に関する症例を学会に提示し、学会の合格を受けることが必要です。

単に『 インプラントやりました 』というのではなく、治療終了後3年以上の良好経過症例を20症例提示(専門歯科衛生士は3症例)する必要があります。

学会の試験官も目が肥えていますので、そう簡単には合格させてくれません。

『 インプラント専門医 』は、歯科医師 個人の実力で取得できます。

しかし『 インプラント専門医 + インプラント専門歯科衛生士 』となりますと

・歯科医師 個人の実力
・歯科衛生士 個人の実力
・歯科医院 全体としての総合力

この3つが問われることになります。

院長 笛木 と 主任歯科衛生士 新田は、この資格を最短期間かつ一発合格で 認定を受けています。

②:少なくとも 歯周病 治療 も手掛けられる という事を判定できます。

インプラント臨床を行うためには、そのベースとして歯周病への対応が必須になります。

『 インプラント専門医 + インプラント専門歯科衛生士 』がいる 歯科医院 においては、インプラント臨床や 歯周病 臨床においても『 歯科医師 + 歯科衛生士 のチーム医療が成立している 』事を、事実上証明できていることになります。

今後も更に 患者さんのために・・・

万代歯科診療所は『 患者さんの全身・全体を診る歯科医療 』を通して、皆様の心身ともに健康な状態を回復・維持させることを、今後も続けていきます。

参考リンク:インプラント治療 に関する当院ビデオコラム