万代歯科診療所 群馬県前橋市の歯科医院

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム「抜歯宣告をされたらどうすればいいのか? 」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム「抜歯宣告をされたらどうすればいいのか? 」

群馬 前橋 抜歯 セカンドオピニオン

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

群馬 前橋 抜歯 セカンドオピニオン

今回のテーマは、『 抜歯宣告を されたら どうすればいいのか? 』です。

自分では、思ってもいなかった 抜歯 を言われたら、驚きや不安などが 出てくると思います。

できることなら、なるべく 歯を残したい。

これは、皆様が 思っていること だと思います。

もし、診断結果に 疑問を感じたとき どうすればいいのか について 動画にて お伝えします。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『 抜歯宣告をされたらどうすればいいのか? 』(4m27s)のビデオコラムです。

書き起こし

皆さんこんにちは。 万代歯科診療所のビデオコラムに ようこそ おいでくださいました。

本日は「 抜歯宣告 をされたら どうすればいいのか? 」という テーマで お伝えしていこうと思います。

結論から 申しあげますと、少しでも 疑問を感じるようでしたら、必ず セカンドオピニオン を取っていただくのが よろしいかと思います。

やはり、歯科治療とか、いろんな 歯科臨床の中で、抜歯をせざるを得ない というような 診断を下して、患者さんに それをお伝えする ということは、私も 当然 経験しておりますし、決して 患者さんとしては、気分のいいものではない ということは 理解しておるところであります。

ただ、抜歯の診断 宣告 自体が、皆様 ご自身が納得のうえ、行く前から これは無理だろうな と思いながらも、また、抜歯ですね と言われて、そうだよな と、何ら 疑問を感じない ということであれば、それは大変 残念ではありますが、抜歯に臨んでいただくというのは、致し方がない かと思います。

ここで 大事なのは、緊急 抜歯 とかいうなら また話は別なんですが、基本的には、抜歯したあと、そのあと どうするのか。

歯を入れる のか、抜いたまま にするのか とかですね。

歯を入れるのであれば、どういう手段でもって 入れるのか。

歯を入れる前に やらなきゃいけないことはないのか というようなことを、相談して 確認をしたうえで 抜歯に臨んでいただく というのがよろしいかと思います。

ただ、今回のテーマは、恐らく、疑問を感じている方のほうが 主なテーマ というふうになってくるわけです。

そのような、「 ちょっと本当? これ抜かなきゃいけないの? 」 とか というふうに思う場合は、やはり、ちょっと手間取っても、セカンドオピニオン を取っていただくほうがよろしい のかと思っております。

やはり、自分の体のことなので、そういうのは 大事にしていただきたいと思います。

ここで、皆様が セカンドオピニオン を取りたい と思ったとしても、いや、そんなこと 先生に申し出ると、先生の気分も 害するんじゃないか というようなお考えをお持ちで、セカンドオピニオン 取りたくても 躊躇してしまう という方、いらっしゃるのかと思います。

ですが、少なくとも 私は、セカンドオピニオンを もし申し出を受けたとしても、私は、どうぞどうぞ というふうに言っています。

それは、自分が 診断をしたことと、技術力に対しては、それなりの 自負を持っている、このような 歯科医師 であれば、「 セカンドオピニオン 取りたいんですけど 」と言っても、ああ、どうぞ って言うと思います。

今の時代、俺の診断にケチつける気か とか、そういう 歯科医師、もう 事実上、時代ではない という解釈をしたほうがいいのかと思います。

ただ、セカンドオピニオン を申し出るとき、担当の先生も 人ですから、ちょっと それなりの、若干の 気遣い というのはあったほうがいいかと思いますね。

「セカンドオピニオン取っています。権利ですから。」みたいな、そんなんだと、普段は 問題ないですよ って言う先生でさえ、やっぱり、ちょっと 気分を害する ということはありますからね。

伝え方には、ちょっと 気をつけていただいたほうがいいのか と思います。

本日は「 抜歯宣告 をされたら どうすれば いいのか?」という テーマで お伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事