群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「顎関節が痛い時マウスピースを入れ続けることは妥当か?」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「顎関節が痛い時マウスピースを入れ続けることは妥当か?」

マウスピース あご 関節 群馬 前橋
万代歯科診療所 のビデオコラムです。
マウスピース あご 関節 群馬 前橋 今回のテーマは、『 顎関節が痛い時 マウスピースを入れ続けることは 妥当か? 』です。 ある時を境に 顎関節が痛くなって、マウスピースを入れている方、いらっしゃるのではないでしょうか? マウスピースを入れていると、今度は 外すのが怖くなってしまう と聞いたことがあります。 マウスピースに関しても、メリット,デメリットがあります。 そのことを 知っていただいたうえで、マウスピースを 検討していただければと思います。 ★当院のホームページでは、ビデオコラムの テーマ募集をしています。 歯科に関して 疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。 テーマ募集に関して、詳しくはこちら
マウスピース あご 関節 群馬 前橋
『 顎関節が痛い時マウスピースを入れ続けることは妥当か? 』(6m05s)のビデオコラムです。
※ 以下、 マウスピース あご 関節 群馬 「顎関節が痛い時マウスピースを入れ続けることは妥当か?」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。
____________________ 皆さん、こんにちは。 万代歯科診療所のビデオコラムに、ようこそ おいでくださいました。 本日は「顎関節が痛い時 マウスピースを入れ続けることは 妥当か?」というテーマで お伝えしていこうと思います。 皆様の中には、顎関節、この辺にあるわけですけど。あご関節ですね。 ここが痛い ということで、その対策のために、マウスピース。専門用語では スプリントって言うんですけれども。 これを 入れておられる方も、いらっしゃるようですね。 しかし、単に 痛みの緩和のみを目的として、このマウスピースを 漫然と入れ続けている方も おられるようです。 今回は、このことについて 解説していきたいと思います。 まず、なぜ、顎関節が痛くなるのか ということを、簡単に 説明していきたいと思います。 顎関節の構造は、上が 受け皿があって、下あごの この骨に 突起があって、これを噛むたびに、ここは 圧迫を受けるんですね。 こんなような感じに なるわけですけれども。 通常は 圧迫を受けても、別に それなりのものが 存在しているので、受けられるような体制が できているので、痛みには 普通ならないんですけども、いろんな原因でもって、そこに圧迫が 強く加わる というようなことによって、痛みが生じる というのが基本的なパターンであります。 このマウスピースは、入れておられる方は わかるかと思いますが、こういうふうに、厚みのある物を 入れるわけですから、噛もうとしても ストップになるわけですよね。 だから、圧迫がかかりにくくなる ということで、痛みが 軽減されると。 そういうような 理論なわけですね。 ただ、痛みが 軽減されるからといって、マウスピースを長期間、四六時中、漫然と使用している ということは、どういう問題が引き起こされるのか ということも、ちょっと お伝えしていこうと思います。 1番目は、マウスピース自体は 痛みを軽減させる 手段にすぎませんので、つまり その原因ですね。 なぜ、あご関節が、顎関節が痛くなるのか ということを解決されない限り、永遠と マウスピースを使い続ける ということになるわけです。 われわれの中では、専門用語では ありませんけれども、「スプリント・ジャンキー」というような 表現をする先生もいらっしゃいます。 中毒者ということですよね。 2番目としましては、マウスピースを噛ませる ということは、上下の歯に対して、マウスピースを押し込む ということになるので、上下の歯は、押し込められてしまう。 位置を移動して、押し込められてしまう 危険性があります。 これは、どういうことになるのか というと、上下の この高さを保っているのは、歯の存在自体ですよね。 これが なくなっちゃうので、どんどんつぶれていく ということになります。 そうすると、筋肉が 妙に緩んできてしまうので、噛むための 力が入らない という現象が出てきます。 そうしますと、より ぐっと噛まないと食べられない というような状況になって、それが、より痛みの原因になってくる ということも考えられるわけです。 3番目としましては、歯というのは、噛み合う面には、固有の山、谷、溝が 存在しているわけです。 大体 入れるマウスピースは、表面が つるつるの物が多いので、この位置ですね。 噛む位置が、要は どこで噛んでいいんだか わかんなくなっちゃう。そういう現象を 招く危険性があります。 こういうような マウスピース、スプリントは、一時的とか、応急的に 痛みを取る場合とか、しかるべき目的があって、マウスピースを装着している ということであれば、これは構わないと思います。 例えば、スポーツマウスガード なんていうのは、そういうような物なのかと思いますけども、これではなくて、目的もなく 強いて言えば、痛みを取るだけ ということで 漫然と入れておくと、先ほど申しあげました問題点も 一緒にくっついてきてしまう という危険性がありますので、なぜ痛くなったのか。 そして、その対応策はどうすればいいのか。 2番目としましては、今後 マウスピースに頼らずに済むようになるには、どうしたらいいのか。 今申し上げました この2点を考えて、マウスピースを使っていただく ということが大事になってきます。 マウスピースを今 入れている方、担当の歯科医の先生と 十分ご相談なさって、これを使っていくようにしてください。 本日は「顎関節が痛い時 マウスピースを入れ続けることは 妥当なのか」というテーマで お伝えしました。
※ 以下も、ご参考になさってください。
このコラムに関する、万代歯科Facebookページ このコラムに関する、万代歯科マイベストプロページ 万代歯科診療所 ビデオコラム 「歯肉が腫れた時に市販の塗り薬を塗ることは有効か?」

関連記事