万代歯科診療所 群馬県前橋市の歯科医院

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

万代歯科診療所 ブログ・コラム

ビデオコラム|万代歯科診療所 ビデオコラム 「力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~」

万代歯科診療所は、群馬県前橋市の歯科医院です。健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院として、健康保険制度の制限・制約にとらわれない歯科診療を行っております。 自由診療歯科医療と集中診療があなたの『人生の価値』を高め、『ビジネスの勝利』へと導きます。

万代歯科診療所 ビデオコラム 「力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~」

万代歯科診療所 のビデオコラムです。

前回のビデオコラムにつづき、今回は 歯の痛みの原因になる “噛む” ことについてお伝えします。

噛む ことで、気を付けていただきたいポイントは 2つあります。

日常では、意識して噛むということは あまりないかと思います。

ですが、無意識にしていることが長く続いたことで、痛みとなることがあります。

ぜひ、参考になさってください。


歯科に関するご質問をお寄せください

ビデオコラムのテーマ募集

★当院のホームページでは、ビデオコラムのテーマ募集をしています。歯科に関して疑問に思っていることなどございましたら、お気軽にご応募ください。

テーマ募集に関する詳しいご案内は、以下のリンクからご確認ください。


『力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~』(7m38s)のビデオコラムです。

以下、『 力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~ 』の動画内容を文章に書き起こしたものです。

書き起こし

皆さんこんにちは。万代歯科診療所のビデオコラムにようこそおいでくださいました。

本日は『 力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~ 』 というテーマで お伝えしようと思います。

以前に『虫歯や歯周病でもないのに 歯が痛む時は、どのような原因が考えられるか 』というテーマで、ビデオコラムを提供いたしました。

この中で その原因は力であり、力の問題には 『 歯並び や 噛み合わせ の問題 』と『噛む という事に関する癖』があるということを お伝えいたしましたが、時間の都合上 これらの詳細については 解説していませんでした。

今回はこれを受け、『 力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~』ということについて 解説していきたいと思います。

『 噛む という事に関する癖 』の代表的なものの1番目として、『 左右いずれかの噛み癖 』が挙げられます。

咬合・噛み合わせとは、食べ物が介在せず 左右均等に噛み合う状態をさします。

これに対して、皆様が食事をされる時に食べ物を介在させて噛む行為を『 咀嚼 (そしゃく)』と言います。

食べ物を介する咀嚼を行う際、その1回分の咀嚼は左右均等ではなく、左右いずれかになることが一般的です。

咀嚼の回数が増えていく過程で、トータルでの咀嚼は おおむね左右均等になっていきます。

しかし 何らかの理由で、咀嚼回数における左右不均衡 すなわち『 右 または 左 だけで咀嚼している 』となってしまう方がいます。

『 右または左だけで咀嚼している 』ということは、使っている側にとっては、単純計算で2倍の仕事をさせられている ということになります。

この状態が長期化してきますと、使っている側の 一部 または すべて の歯が疲れきってしまい 『 痛み 』として危険信号を発するように なってきます。

『 噛む という事に関する癖 』の代表的なものの2番目として、『 くいしばり や 歯ぎしり』が挙げられます。

『 上下の歯は、食事時以外では 触れ合っていない 』というのが本来です。

『 えっ、そうなの? 』という方もおられるので、もう一度お伝えいたします。

『 上下の歯は、食事時以外では 触れ合っていない 』というのが本来です。

日常会話を行う際にも、上下の歯が触れ合うことはありません。

食事以外の時で上下の歯が触れ合っている状態を、歯列接触癖 TCH(tooth Contacting Habit)といいます。

先程『 上下の歯は、食事時以外では 触れ合っていない 』というのが本来です と お伝えしました。

このことは、『 歯・歯肉・あごの骨は、食事以外の時は 力が加わらない事を前提に作られている 』という事を意味しています。

『 朝から晩まで 四六時中 座らずに立っている 』ということを想像してください。

足首・膝・股関節・足の筋肉などは、四六時中 立つことを前提に作られていない ということは ご理解できると思います。

四六時中 立っていれば、荷物を背負うなどの全く負荷がない状態であっても、この部位が痛くなってくることも ご理解できると思います。

これと同様に、上下の歯が四六時中 触れ合っていれば 食事時以外は 力が加わらない事を前提に作られている。

歯・歯肉・あごの骨が たとえ弱い力であっても痛くなってくる という事は、容易に理解できると思います。

今お伝えしたTCHは、『 力そのものは弱くても 持続的に上下の歯が触れ合っていると問題を引き起こす 』ものです。

この TCH に強い力が加わる状態が『 くいしばり 』です。

『 くいしばり 』は垂直固定の状態ですが、これを 前後 または 左右 に こすると『 歯ぎしり 』になってきます。

先程 TCH を『 朝から晩まで 四六時中 座らずに立っている 』ことに置き換えました。

これだけでも かなりのダメージを及ぼすのに、くいしばり はぎしり というのは『 朝から晩まで 四六時中 バーベルを背負って 立っている または すり足で歩く』ようなもので、虫歯や歯周病がなくても 痛みを発するようになる というのは容易に想像が付くと思います。

食いしばりや歯ぎしりは、一般的には睡眠中に行われるものと思われていますが、実際は睡眠中でなくても 本人が認識していない無意識下でも起こり得ます。

また 食いしばりや歯ぎしりは 奥歯にその症状が出ることが多いのですが、前歯にも十分起こり得ることです。

左右の噛み癖 ・ 食いしばり ・ 歯ぎしり などへの対応は、歯科医師の施術に加え、患者さん本人が、その癖を直そうとする努力も要求されることになります。

いずれの場合でも、噛み合わせの問題に 的確に対応できる歯科医師を受診することが 重要となります。

本日は『 力の原因で歯が痛む の具体例 その2~ 噛む という事に関する癖 ~』というテーマでお伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。



関連記事