群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

当院の歯科診療

問題が解決しない理由 ③

一昔前までは“口腔内の重症患者”は、ほぼ全員“予防を実践していない方”でした。ところが最近では、重症の口腔内であるにもかかわらず『私は最近まで何年も欠かさず定期検診に通っていた』という方が増えています。定期検診に通っているのに一向に問題が解決しないのはなぜでしょうか。専門的で難しい話もありますが、予防歯科について掘り下げてみましょう。

③ 萎縮診療の問題(丁寧な治療をしたくてもできない現状)

30代以降の多くの方は 詰め物・かぶせ物など、何らかの歯科治療を経験していると思います。そしてその多くは健康保険診療による治療であると思います。万代歯科診療所では(当院に限ったことではありません)『健康保険診療制度下において高品質の歯科医療を提供する事は不可能』と判断しています。(※最下段参考※)

この表現は正確に言うと、

健康保険診療制度下においても、比較的高品質の歯科医療を提供することは決して不可能ではないのですが

① 『健康保険制度における歯科医療においては、歯科医師の専門知識・技術・経験・良心に裏付けられた治療方針通りに行えるものではなく、診療方針や使用できる材料に、明らかに歯科医学とかけはなれた強大な規制・制限がある』ということと

② 『手抜きでも高品質でも、日本全国一律共通 一定低価格の診療報酬である健康保険診療制度下において高品質の歯科医療を提供しようと努力すればするほど、歯科医院は “深刻な採算割れ” を起こしていく』

という2点のために、健康保険診療制度下では、丁寧な治療をしたくてもできない現状があるということです。


いくら丁寧に時間と手間をかけても

1時間近くかけて、歯科医師が患者につきっきりで根管治療を丁寧に慎重に行っても医院収入(10割分)が¥250程度…

1時間近くかけて、歯科医師が患者につきっきりで虫歯を丁寧に慎重に取り除いても医院収入(10割分)が¥200程度…

1時間近くかけて、次回に奥歯の銀歯ができるまでの、噛み合わせも考慮した仮歯を作っても健康保険診療制度のルールではこれが認められず、医院収入(10割分)は¥0…など

健康保険診療では、時間をかけて丁寧に治療をしようとすればするほど大赤字になってしまうのです。

『定期検診目的で歯科医院に通ってはいるものの、そこではコミュニケーション目的の世間話と歯科衛生士によるプロクリーニング(P.M.T.C.)しか受けていない』

したがって、皆様が保険診療にて受けた治療は

  • ・その治療が、ごく簡単・短時間で済む処置
  • ・担当歯科医師が“常識はずれの採算度外視”で行った処置

この2つのいずれにもあてはまらない場合は、その歯科医師にとって『技術的ベストをつくした結果』を出せていない確率が高くなります。どんなに予防管理が完璧であったとしても、過去に受けた治療自体に問題があれば当然ながら、その歯の長持ちは到底期待できるものではありません。これは、保険外診療であるセラミックの白い歯を入れる前の過程で虫歯治療や根管治療等を保険診療で受診した場合も同じです。

健康保険診療制度下でも丁寧な治療を行う歯科医院は確かに存在しますが

  • ・その存在が、きわめて少数であること
  • ・一般の患者さんレベルの知識では、各歯科医院の治療レベルの良悪の判定はできないこと

以上を理由に、皆様が自主的に健康保険診療制度下でも丁寧な治療を行う歯科医院を探し当てることは、まず不可能です。

このように、いくら真面目に普段のセルフケアをしっかりした上で定期検診を真面目に受けても、今までに施術を受けたすべての歯科治療、特に歯を保存する(抜かずに残す)ための、虫歯治療・根管治療・歯周病治療などにおいて、その治療内容が妥協的であれば、そのような治療を受けた歯が長持ちするはずがないのです。

医療側からは 『予防管理を受けないことによって歯がダメになっていく過程』を以下の流れで表現されています。

  • 痛い・詰め物が取れたなどの、明らかな自覚症状が出てから歯科医院を受診する

  • 歯科医院にて治療を受ける

  • 歯を削る・歯型を採る・人工物をつめる・時には抜歯するなど、多少なりの苦痛を受ける

  • 治療が終われば、予防管理・定期検診を受けずに
    『治療が終わりました。またどこか痛くなったらきてください。ハイさようなら』といわれる

  • 予防管理・定期検診を受けないので、数年もしないうちに また虫歯が再発する

  • これを繰り返すことによって、最終的には削る歯がなくなって抜歯

  • 抜歯を繰り返して最終的には総入れ歯になってしまう

このような『治療を受けるだけで予防管理をしないから再治療になる』という負のスパイラルの存在は間違いのないことですが、私の臨床現場における感覚では、これと同時に

  • 初めての治療が大雑把だから長持ちしない、そして再治療

  • その再治療も大雑把だから、いずれ“再” 再治療になる

  • その再再治療も大雑把だから、いずれ“再” 再再治療になる

  • これを繰り返すことによって、最終的には削る歯がなくなって抜歯

  • 抜歯を繰り返して最終的には総入れ歯になってしまう

このような『初回の治療が的確であれば、“永久”はムリでも かなりの期間は長持ちするはずなのにその治療が大雑把だから(大雑把にせざるをえないから)再治療になる』という医療側が伝えない、もう一つの大きな負のスパイラルが存在していると解釈しています。

※注意※
再治療になる原因は、他にも

  • ① 材料・材質の経時的劣化
  • ② 歯に噛む力が繰り返し加わることによる、歯の破折・すりへり

など、患者側・医療側の努力があっても解決しにくい理由でも起こりえます。

時間・費用はかかるけれど、丁寧な処置を行う歯科医院と
『安い!早い!』けれど、その品質が『?』の歯科医院

『これからもずっと若々しく健康でありたい』と願う、本質を見分けられる皆様は今はどちらの歯科医院と付き合っていますか?そして今後はどちらの歯科医院と付き合っていきますか?


一般的な歯科医院では、予約優先制・無予約でも随時受付で施術者1人に対して、患者さんの予約を1時間に2~6人入れて複数のユニット(治療椅子)に患者を並べて、同時進行的に施術するのが通常です。

この体制は、薄利多売前提の保険診療制度を背景とした日本特有のスタイルであり、日本では『患者で混みあう人気の歯科医院』と評価されますが先進諸外国では『野戦病院』と解釈されます。

万代歯科診療所も、かつてはこの体制で診療していましたが医療品質が追従できないと判断し、この体制をやめました。万代歯科診療所は、現在は完全予約制で施術者1人に対して、患者さん1人の予約1回に1~4時間かける歯科医院です。

万代歯科診療所における治療は、初回治療(その歯にとって初めての治療)は ほとんど無く95%以上が“再治療(再・再治療)”です。歯周病治療を的確に施術できる歯科医師は、“数少ない”です。根管治療を的確に施術できる歯科医師は、“極端に少ない”です。これは、何を意味しているのかわかりますか?

私が皆様に『健康保険診療制度下において高品質の歯科医療を提供する事は不可能』などと伝えようものならば歯科医療の実情を把握できていない方や、治療品質よりも価格の安さ・利便性・快適性を重視している歯科医師から批判を受けることになることは承知の上でお伝えしています。

私は、皆様にとって都合のよいことだけではなく、不都合なことも伝えなければならないと思っています。私は、皆様に真実を伝えても理解が得られないのは仕方がないとしても、皆様にヌカ喜び的なウソをつくことはできません。

健康保険診療制度下において、高品質の歯科医療を提供しようと努力すればするほど、歯科医師が苦しくなってしまうのであれば医療の使命感に燃えて真面目にコツコツと下積み修行・研鑚をしている若手歯科医師が絶望するだけです。これは単に若手歯科医師が絶望して “そうですか、それは残念ですね!”で済むことではなく『健康保険診療報酬額に応じて、皆様が判別できない限界まで徹底的にレベルダウンした歯科臨床が皆様に事前に伝えられることなく提供されてしまう危険性が飛躍的に高まる』ということを意味しています。

皆様にとっては、ここでお伝えしたことが 『聞いたこともない信じがたい事』 であるかもしれません。皆様におかれましては、私がお伝えしていることだけを鵜呑みにせず、ぜひとも私がお伝えしていることの真偽につき、他複数の情報を得て総合的に判断していただきたいと思います。


カテゴリメニュー