群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

当院の歯科診療

問題が解決しない理由 ②

一昔前までは“口腔内の重症患者”は、ほぼ全員“予防を実践していない方”でした。ところが最近では、重症の口腔内であるにもかかわらず『私は最近まで何年も欠かさず定期検診に通っていた』という方が増えています。定期検診に通っているのに一向に問題が解決しないのはなぜでしょうか。専門的で難しい話もありますが、予防歯科について掘り下げてみましょう。

② セルフケア(患者側自身による自己管理)が軽視されている(プロクリーニング偏重の予防管理)

予防歯科の表現について

万代歯科診療所は、歯を失う2大疾患である虫歯や歯周病において過去に抜歯を宣告されるほど重症の口腔内を有する患者さんの臨床を、数多く受け持っています。一昔前までは、このような“重症患者”は、ほぼ全員が“予防管理を実践していない方”でした。この場合、歯磨きなどの自己管理や定期検診への参加など、予防管理の必要性を伝えていけばいいので、この説明はある意味簡単でした。(具体的な予防管理については、個人によって詳しい説明が必要です。)

ところが最近では、重症の口腔内であるにもかかわらず『私はかつての歯科医院で、つい最近まで何年も欠かすことなく定期検診に通っていた』という方が増えています。


予防歯科の表現について

この方たちに共通することは

『定期検診目的で歯科医院に通ってはいるものの、そこではコミュニケーション目的の世間話と歯科衛生士によるプロクリーニング(P.M.T.C.)しか受けていない』

ということなのです。

予防管理は

  • ① 歯科医師・歯科衛生士の歯磨き指導のもと、患者さん自身が日々の歯磨き、糖分摂取の制限、フッ素の使用などを行う (セルフケアといいます)
  • ② 歯科医院へ定期的に来院し、新たな問題の有無の確認、プロクリーニングを行う。

この二本柱があります。

予防管理は、セルフケアと歯磨き指導(自己流になっていないかを確認)に重点がおかれてこそ、そのうえで、歯科医院でのプロクリーニングの効果が発揮されるのが本来なのです。

しかし、患者側が面倒くさがるセルフケアと歯磨き指導を棚上げにして『痛くない!!』『気持ちいい!!』をキャッチコピーにした患者“様”が喜ぶプロクリーニングに重点をおいた定期検診“もどき”を推奨し、あたかも『プロクリーニングさえ受ければ、健康な状態を維持・増進できる』かのような情報発信をする歯科医院が存在しています。(※注意※ プロクリーニング自体は必要な事です。)

日常の歯磨きなどのセルフケアだけでは予防管理しきれない要素があるので、これを補うために定期的に歯科医院でプロクリーニングを受けることが重要です。しかし、毎日とか数日おきとかの”日単位”で受けるでもない限り、歯科医院でのプロクリーニングが自身による歯磨きにとってかわる、またはこれを凌駕することはありえません。

(※注意※:『普段の歯磨きさえしっかりしていれば、定期検診は不要』という事も間違いです。それは『本人が自覚できていない新たな問題が生じていないか』ということが確認できなくなりその対応が後手に回ってしまうからです。)

① では、予防管理と歯科治療が両立していないことの問題をお伝えしましたが、実はこれらが両立しているだけでは不十分なのです。何に問題があるのでしょうか?今度はこれらが両立していることを前提に、予防管理自体の問題と歯科治療自体の問題をお伝えします。② では予防管理自体の問題でしたので、今度は③ 歯科治療自体の問題をお伝えします。


カテゴリメニュー