群馬県前橋市の歯科医院 万代歯科診療所

インプラント、歯周病治療、根管治療、虫歯治療、かみ合わせなど、詳細なカウンセリングと治療計画を基に診療します。

医療法人優貴会 万代歯科診療所

万代歯科診療所は、健康保険診療を取り扱わない自由診療の歯科医院です。
また、当院は完全予約制です。ご来院の際には、事前にお電話にてご連絡下さい。

371-0804 群馬県前橋市六供町1-23-2 027-243-0648

  • 診療時間|9:00~13:00、14:00~18:00(受付…~ 17:00)
  • 休診日|木曜日・日曜日・祝日
  • 診療科目|一般歯科・インプラント治療・歯周病治療(再生療法)・根管治療

当院の歯科診療

問題が解決しない理由 ①

一昔前までは“口腔内の重症患者”は、ほぼ全員“予防を実践していない方”でした。ところが最近では、重症の口腔内であるにもかかわらず『私は最近まで何年も欠かさず定期検診に通っていた』という方が増えています。定期検診に通っているのに一向に問題が解決しないのはなぜでしょうか。専門的で難しい話もありますが、予防歯科について掘り下げてみましょう。

理由① 予防管理と歯科治療が両立していない

予防歯科の表現について

歯科医療側からは多くの場合『虫歯・歯周病など口腔内の問題の発生を未然に防ぐ行為』 のことを “予防歯科” と情報発信されています。しかし、本来“予防歯科”はもっと広い範囲で解釈されているのです(詳しくはこちら)。よって、万代歯科診療所では 『虫歯・歯周病など口腔内の問題の発生を未然に防ぐ行為』を“予防歯科”ではなく “予防管理” と独自に別表現しています。


予防歯科と歯科治療が両立していない(歯科治療も“予防歯科”です)

  • 予防管理の重要性しか理解していない
  • 予防管理と歯科治療が対立するものであると誤解している
  • 継続的な予防管理なき歯科治療

・予防管理の重要性しか理解していない

本来の予防歯科とは、歯科領域に起こりえる問題に対して

  • ⅰ)これを未然に防ぐ(予防管理)
  • ⅱ)手遅れにならないようにする
  • ⅲ)失った機能を回復する

上記3点のための全ての行為を指すのです。(詳しくはこちら

例えば、歯をすべて失った方の場合、『歯が1本もないのだから予防歯科は不要』 と解釈されやすいのですが、専門的には、この方に総義歯(総入れ歯)を装着して、ⅲ)失った機能を回復することによって食べられなくなることを“予防”していくのです。つまり、『歯科医療のすべてが予防歯科』なのです。

確かに、『虫歯・歯周病など口腔内の問題の発生を未然に防ぐ行為』である“予防管理”は予防歯科の重要な一部門ですが、明らかな虫歯になってしまったら、『削って詰める』 というような“歯科治療”も『手遅れにならないようにする』ための、予防歯科の重要な一部門なのです。

“消防” は、“火の用心” と “消火活動・救急” が両輪をなしているように“予防歯科(=歯科医療)”は、“予防管理”と“歯科治療”が両輪をなしていることが必要なのです。あなたは、『予防管理さえすれば、全ての問題が解決する』 と、解釈していませんか?


・予防管理と歯科治療が対立するものであると誤解している

あなたが、全く問題のない幼少期のころから虫歯や歯周病などにならないための継続的な予防管理を行っていれば、いままで受けた治療の大半は、やらずに済んだはずです。

継続的な予防管理を実践していくと、虫歯や歯周病の発生を抑えられます。また問題が初期であれば、簡単な治療介入で済んだり、治療介入自体をしなくて済むことも期待できます。さすがに幼少期には戻れませんが、今からでも決して遅くはありません。重症になるまで放置した挙句に歯科医院に急患で治療を受けるだけでは、何の解決策にもなりません。

再治療によって歯を何回も削れば、いずれ歯は無くなってしまいます。もっと早い段階で、さらに踏み込んで 全く問題がなくても定期的・継続的に歯科医院を受診して虫歯や歯周病にならないための予防管理も実践していきましょう。

という意味をこめて

  • 『これからの歯科医療は、削ってつめる治療中心の歯科医療から予防中心の歯科医療へ!』
  • 『これからの歯科医療は、Cure (キュアー:治療介入)から Cere (ケア:予防管理)の時代へ!』
  • 『削れば削るほど、歯はダメになっていく!』
  • 『あなたの歯をもう削りたくありません!』

というような表現が、歯科医療側から情報発信されています。

これらの表現は間違いではないのですが、この表現を中途半端・断片的に理解してしまうと明らかに治療介入が必要とされる方までもが『これからは治療介入を一切やめて、予防管理だけにしましょう』 と、あたかも予防管理が“善”で歯科治療自体が“悪”であるかのような誤解をしてしまいかねません。

このような情報を中途半端・断片的に解釈してしまい明らかに予防管理だけでは到底間に合わず、治療介入を行わなければならない状態にあるのに『削れば削るほど歯はダメになっていくと調べてきたので、私は歯を削られたくありません!!』と要求する方が増えています。

皆様が従事する業界においても同じく、歯科医療においても相手がいったん信じ込んでしまった“中途半端・断片的な知識”を、誤解であると説明して理解させるのは、特に正解が相手にとって苦痛・不都合にむかう場合には、『実に大変なこと』 になってしまいます。


・継続的な予防管理なき歯科治療

それまでは、痛みなどの自覚症状が出た時だけ対応していた歯科医院にも1990年代後半ころから予防管理の考えが浸透し、これを導入する歯科医院が増えてきました。

継続的な予防管理の有効性は、歯科医学的にも実証され現代の歯科医療においては、すでに“常識”となっています。

継続的な予防管理(自己管理や定期検診の参加)のシステムを導入していない歯科医院への受診、または歯科医院が予防管理を導入していても、患者側がこれに参加しないで歯科治療だけを受けているのであれば、あなたの口腔内の健康は全く期待できません。

① では、予防管理と歯科治療が両立していないことの問題をお伝えしましたが、実はこれらが両立しているだけでは不十分です。何に問題があるのでしょうか?今度はこれらが両立していることを前提に、予防管理自体の問題と歯科治療自体の問題をお伝えします。まずは、② 予防管理自体の問題からです。


カテゴリメニュー