万代歯科診療所 ビデオコラム 「キシリトールは虫歯予防に有効か?」-2

虫歯予防 キシリトール 群馬
『 キシリトールは虫歯予防に有効か? 』(6m17s)のビデオコラムです。

※ 以下、 虫歯予防 キシリトール 群馬 「 キシリトールは虫歯予防に有効か? 」の動画内容を 文章に書き起こしたものです。

____________________
皆さん こんにちは。
万代歯科診療所の ビデオコラムに ようこそ おいでくださいました。

本日は 「 キシリトールは 虫歯予防に 有効か? 」というテーマで お伝えしていこうと 思います。

かつて、あるお菓子のメーカーが、キシリトール入りのガムを 中心とした、その商品を 販売していったと。

これを 始めていったことによって、キシリトールの認知度は 皆様に 大きく広まっていく というような結果を もたらすことになりました。

キシリトールを 積極的に 虫歯予防 に導入をして、虫歯予防に 使っていこう というような歯科医院も 存在しているようです。

ここで、また 虫歯の成り立ちについて おさらいをしていきたいと思います。

虫歯が 起きるためには、① 歯そのものと、②は 糖質です。

炭水化物も 甘いものも そうですけれども、デンプン とか ごはんも、そういうことになります。

あと、③ 口腔内常在菌 といいまして、お口の中には 私も含めて、数百種類の菌が いるわけですが、この数種類の菌が、虫歯を引き起こす と言われているわけですね。

この虫歯菌、この三つが 出会ったときに 虫歯が発生すると。

糖質を取り込んだ 虫歯菌が 酸を出す。

そして、酸にさらされた歯が、ずっと 続いてくると、それが 溶け出して 虫歯になる というような メカニズムになるわけです。

では、虫歯予防の 成り立ちを 解説していきましょう。

複数ある 虫歯菌、1個じゃないんですね。

いくつかあるんですが、その内、ニュータンス菌 という代表格の 虫歯菌がいるんです。

これが、糖質ではなくて キシリトールを 取り込んでしまいますと、酸を出せない ということになってしまうんですね。

もちろん 酸がでないのだから、虫歯には ならないわけです。

また、ミュータンス菌が、そのキシリトールを 糖質と 間違えて取る というんでしょうか。

一生懸命に取っているんですが、十分エネルギーにも ならんもんだから、だんだんと疲れてくる ということで、その ミュータンス菌の活動力 というのが 弱まってしまうと。

こういうような中で、結果として 虫歯予防につながっていく というような 成り立ちと言われています。

しかしながら、先ほどお伝えしました 虫歯菌 というのは、ミュータンス菌 だけじゃなくて、虫歯を作る 原因となる菌 というのは、ほかにもいるので、すべての菌に キシリトールが有効である とは限らないんですね。

もし、本当に キシリトールで 十分な 虫歯予防効果 を発揮させたいのであれば、食生活における、ほぼすべての糖質を キシリトールに切り替えなければならない というふうになるわけです。

ごはんを キシリトールに変えてくれ ということになっちゃうんですね。

ちょっと 現実的ではないかな というふうに思っています。

代表的なものは ガム ですけれども、実は、もちろん 私もガムを噛む ということはあるんです。

私の場合は こういうふうにしているので、よく、見ておいてください。

ガムを ほしいなと。多分、コンビニに 行くんだと思うんですね。

コンビニに行って ガムのあるところに行って、手を伸ばしたときに、頭の中には キシリトール入りのガム ではなくて、まず 第一にやらなければいけないのは、砂糖の入っていない ノンシュガーのガム を探します。

そのあとで、例えば、眠気予防 とか、フルーツ味とか、あるじゃないですか。

まあ、その日の気分に なりますよね。

それで 選んで取ってくる というふうになるわけでありまして、それで結果的につかんだものに キシリトール が入っている ということはありますけれども、少なくとも 最初から コンビニに入るときに、キシリトール入りのガム ということを前提に、手を伸ばすことは、僕はしないです。

ノンシュガー であることのほうが 大事だと 僕は思っています。

虫歯予防には 決定打 というのがないんですね。

これさえやれば、虫歯予防になる というのは、一つも、まずない と解釈してください。

もし、唯一あるとすれば、歯を すべて抜くこと。

まあ、歯がないのですから 虫歯にはならない ということになりますが、当然、そんなことは するわけではないので。

もし、あとは、例えば どうでしょうね。

糖分を 一切 取らないとか。

相当ストイックに なってしまうわけですね。

やってやれないことはないけど、というような 意味合いに なってしまうわけです。

虫歯予防の そのやり方には、フッ素 とか キシリトール をやってもらっても結構ですし、甘いものを 制限していただく、取り方を 気をつける、歯磨きをちゃんとする とか、いろいろと やり方がある中の 小さいものの 積み重ねの結果として、虫歯になっていない という結果が得られる というふうに解釈していただいて よろしいかと思います。

したがいまして フッ素 と同じで、キシリトールは有効 ではあるんですが、決定打ではない ということを お伝えしていこうと思います。

本日は「キシリトールは 虫歯予防に 有効か?」という テーマで お伝えしました。

※ 以下も、ご参考になさってください。

このコラムに関する、万代歯科FacebookページFacebookページ
このコラムに関する、万代歯科マイベストプロページ

万代歯科診療所 ビデオコラム「理論上 最も効果的な歯磨きはいつ行えばいいのか? 」